2018年1月31日

【犬の室内飼い】家具で怪我をする原因と対策1/2

室内で暮らす犬にとって、家の中にどのような危険が潜んでいるかご存知ですか?

今回は、犬が家具で怪我をする要因や対策について調べました。

犬は家具が好き?

ソファに座る犬 ソファをはじめ、家の中にある様々な家具を犬が噛んでボロボロにしてしまうというのは、よくある話です。

スリッパや洗濯物、テーブルや椅子の足、部屋の柱、カーペットのほつれ、電気コードなど、犬の興味・関心を惹く家具の種類は多岐に渡ります。

一体どうして犬はそのような家具に興味を持つのでしょうか。

その理由は、それらのアイテムが犬にとっては遊び道具に見えているからなのです。

特に飼い主の匂いがするものは強く執着します。他にも、噛み心地が良いものや、壊れてバラバラになるものにハマる傾向があります。

また、人間の薬や洗剤にも興味を示し、食べてしまうことがあるので注意が必要です。

犬が怪我をする原因になりやすい家具

階段を降りる犬 しかし、いくら喜んで家具と遊んでいるからといって、全て見過ごすわけにはいきません。

それはもちろん大切な家具に傷が付いてしまうからという理由もありますが、一番はやはり犬が怪我をしてしまうかもしれないからです。

例えば、金具がついた椅子や段差のある家具は、怪我をする要因となる可能性が高いです。

さらに電気コードや、洗剤や薬、植物にも注意が必要です。犬が噛んだ時に口の中を怪我してしまったり、食べてしまうと大変なことになるものもあります。

フローリングはツルツル滑るため関節を傷めやすく、高いところから飛び降りて骨折したりするケースもあります。

室内犬は運動不足の場合もあり、ちょっとしたことで怪我をしてしまいやすくなっていますし、特に小型犬は骨が細いので骨折することが多いです。

犬は噛んだり走り回ったりしている時に怪我をしやすいので、そのような行動をしている時は気を配らないといけません。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP