2018年2月7日

犬好き必見!初対面の犬と仲良くなるコツ3選1/2

現在人の生活において、犬は大切はパートナーであり家族です。

テレビでもよく犬特集などをやっていますよね。目や耳が悪い人たちのために頑張ってる犬も沢山います。

犬が楽しそうに遊んでる姿や、飼い主の言う事を素直に聞いてるのを見ると気持ちも暖かくなります。

だから、ついつい犬を見ると触りたくなってしまします。

しかし、いざ触ろうとすると吠えたり、歯を剥き出しにして唸ってたりして、怖い思いをした人は少なくないのではないでしょうか?

今回は、初対面の犬と仲良くなれるコツを伝授したいと思います。


スポンサーリンク

アニコムバナー①

コツ①目を見ない

散歩する犬と飼い主 人間相手では目を見て話さないと失礼だと言われますが、犬に対しては、反対に目をじっくりと合わせてはいけません。

犬にとって目が合うというのは「今から私はあなたを攻撃します」という威嚇にも似た行為に映るのです。

それに伴い「こっちも攻撃してやる!」となり、仲良くなるどころか喧嘩に発展する事になります。

突然うなりだしたら出来るだけ刺激せず目線を逸らしてください。

犬は基本的に警戒心が強いので、威嚇されたと感じると緊張してしまい、ストレスになる事もあります。

目と目が合った方が仲良くなれる気がしますが、それは信頼を築いた関係でなければ逆効果なのでやめましょう。

そして目線は同等の位置かそれより若干下にしてください。

人間の目線が上だと威圧感を与えてしまいます。

コツ②匂いを嗅がせる

人の手のニオイを嗅ぐ犬 犬は嗅覚が特に優れており、犬同士のコミュニケーションも匂いで行われます。

そして人間に対しても匂いを重要視しています。

そのため、まずは自分の匂いを犬に嗅がせて確認してもらいましょう。

ここで注意したいのは、出来るだけ自分から近づかないようにすることです。

先述のとおり、犬は警戒心の強い生き物です。

そのため、視線を落とし犬の方から近づいてくるまでじっくり待ちましょう。

ある程度近付いたら犬が満足いくまで匂いを嗅がせてあげてください。

嗅いでる途中で触るのは好ましくないので我慢してください。

もし匂いを嗅ぐところまで近づいてこない場合は手の匂いを嗅がせてみましょう。

自分の手をグーにして、ぎゅっと軽く握ってからグーの手を犬の鼻先に出しましょう。

この時、ゆっくり出さなければ攻撃されると思い、不安になるので注意です。

軽く握ることで、犬があなたのことを確認するのに十分な匂いが出てきます。

匂いを確認させたら次のステップです。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。
スポンサーリンク

アニコムバナー①


PAGE TOP