2017年9月10日

ドッグスポーツとは?愛犬と楽しめるドッグスポーツまとめ1/3

「可愛い愛犬と一緒にドッグスポーツにチャレンジしてみたい」
そう思っていても、ハードルを感じて踏み出せない飼い主も多いのではないでしょうか。ドッグスポーツには多種多様な種類があり、どんな犬種でも楽しむことができます。

ドッグスポーツについて紹介しますので、愛犬に合ったドッグスポーツを見つけて一緒に挑戦してみてはいかがでしょうか。

ドッグスポーツとは?

走っているミックス犬 ドッグスポーツは、飼い主と愛犬が一緒に楽しむことができるスポーツです。

最近では認知度もあがって、ドッグスポーツの大会が増加傾向にあります。また、ドッグスポーツの練習ができる施設も増えてきました。

競技会では、牧羊犬、牧畜犬または狩猟犬であるボーダーコリーやラブラドール・レトリバー、ゴールデン・レトリバー、オーストラリアン・シェパードなどの犬種が活躍する事が多いですが、基本的にはどんな犬種でもドッグスポーツを楽しむことができます。

愛玩犬だったとしても、トレーニングやしつけという点で非常に役に立ちます。

ドッグスポーツの種類、特徴

ディスクをキャッチする瞬間のレッドカラーのボーダーコリー 一口にドッグスポーツといっても、その種類や特徴は様々です。是非、興味のあるものを探してみてください。

アジリティー

飼い主と愛犬とのコミュニケーションが大切なドッグスポーツ

障害物をよけるボーダーコリー ドッグスポーツの中でも代表的なものが、アジリティーです。アジリティーとは犬の障害物競走で、障害物にはハードルやトンネルなど色々なものがあります。ハンドラーと犬がペアになって障害物をクリアしていくため、日常生活では味わえない一体感が魅力です。

その順位は速さと正確さによって決定されますが、早くクリアしても障害の失敗があると減点となります。

主に、JKC主催でアジリティーの大会が開催されており、犬の大きさによってスモール、ミディアム、ラージのカテゴリーに分けられています。また、難度にも3つの段階が用意されています。

ディスクドッグ

誰でも気軽に楽しめ人気のあるドッグスポーツ

ディスクを追ってジャンプしているシェパード
ディスクドッグは、ディスクを犬がキャッチしてスローワーの元に戻ってくる競技です。

フリスビーディスクさえあれば誰でも気軽に行うことができるドッグスポーツなので、たくさんの愛犬家がディスクドッグを楽しんでいます。

競技会では、主にフリー部門とディスタンス部門に分かれています。フリー部門では、犬が音楽に乗ってディスクをキャッチし、その技の出来栄えやキャッチ率を評価します。ディスタンス部門では、犬がディスクをキャッチして戻ってくるまでの速さと距離及び回数を競います。

競技会では初心者クラスなども用意されているので、初めてでも気軽に参加出来るのも魅力です。

フライボール

運動嫌いな愛犬でも簡単に取り組めるドッグスポーツ

ボールをキャッチしているシュナウザー フライボールは、1970年代にアメリカで考案されたドッグスポーツです。犬が4台のハードルを飛び越え、フライボールボックスを操作して飛び出てきたボールを咥え、再び4台のハードルを飛び越えて戻ってきます。

ハードルをジャンプしなかった場合やボールを咥えてこなかった場合は、やり直しとなります。

チーム競技として行われることがほとんどで、4頭1チームで行われます。競技会によっては個人競技としても行われており、個人で参加出来るのも魅力です。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP