2018年1月13日

犬が覚える芸の種類と教え方について1/2

愛犬と生活している飼い主や、お家に犬をお迎えしたいと検討している方で「愛犬に芸を教えたい」と考えている方も多いのではないでしょうか。

そんな方に、「犬が覚える芸」から「すぐに教えてあげることができる芸」まで、教え方も合わせてご紹介します。

犬ができる芸について

犬が片耳を立ててこちらを見ている様子 犬の芸といえば「お手」や「おかわり」などが有名ですが、世の中には様々な芸を披露する犬も存在します。

たとえば、YouTubeやSNSで様々な芸を見せてくれるミニチュアシュナウザーの「ハッピー」くん。

ティッシュを持ってきてくれたり、飼い主さんとだるまさんが転んだで遊んだり、自分で自分にお布団をかけて寝る、立って襖を開けてからの覗き見や、ロデオマシンまで乗りこなします。
ハッピーくんの動画はこちら

犬の芸はしつけや認知症の予防に

老犬が飼い主と手を合わせようとしている様子 犬の認知症についてご紹介します。

増える犬の認知症

最近の問題となっているのが犬の認知症で、老齢犬の20パーセントが認知症の疑いがあり、50パーセントが予備軍だと言われています。

認知症になると、トイレを失敗するようになるだけでなく、道を忘れる、知っているものに過剰反応を示すなどの事態が起こります。

飼い主であれば避けたい愛犬の認知症ですが、非常に効果的だとされているのが、犬に芸を教えることです。

なぜ芸は愛犬の認知症予防に

マウスの実験によって、成長した後であっても動物の脳シナプスが増加することがわかりました。

そのためには脳に刺激を与え、脳を活性化させることが必要になります。

日常生活では能動的に行わない、合図で寝転がる、後ろに歩くなどの動きによって、筋肉とそれを司る脳が刺激を受けます。


犬への芸の教え方

犬が複雑な芸を披露している様子 犬のしつけに必要なのは、無関係な2つの刺激を関連付けて覚えさせることです。

これは古典的な条件付けで、例えばベルが鳴ると餌をもらえるということを繰り返した犬は、ベルが鳴るだけでよだれが出るようになる「パブロフの犬」現象と同じです。

私たち人間であっても、梅干しを見ることでよだれが出るという経験をしたことがある方もいるでしょう。

この現象をうまく活用することで、芸を教えていきます。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。
スポンサーリンク



PAGE TOP