2018年1月13日

犬の毛色(カラー)一覧!毛色で性格も違うの?1/4

犬のカラーは多種多様なので、同じ犬種でもカラーが違うだけで別の犬種に見えることがあります。

実は、犬のカラーは数種類の遺伝子の影響によって決定されています。

自然界の動物は、外敵からの視認率を下げるカラーをしている事が多いですが、長い年月を人間と一緒に過ごしてきた犬はその限りではありません。

理由として、人間の趣味嗜好や、目的に大きく影響を受けていることが挙げられます。

カラーの一覧や、カラーと遺伝子の関係、犬のカラーと性格の関係などをご紹介します。

犬のカラー

様々な色の犬が散歩につれていってもらっている様子 犬のカラーをリスト形式でご紹介します。

グレー

グレーの犬が浜辺を走っている様子 グレーは、灰色の毛色全般を指し、基本的に一色の犬が多い傾向があります。

以下の色は、全てグレーに分類されます。

・シルバー
・ダークグレー
・ペイルグレー
・ペッパー
・グリズル
・スティール

ブラック

ブラックの犬が芝生を走っている様子 ブラックとは真っ黒な毛色を指しますが、犬も人間と同じく、加齢とともに白髪が増えてきます。

白髪が出やすいのはマズルの周辺で、ブラックのカラーの犬は老齢になると口周りが灰色になるケースがあります。

ホワイト

ホワイトカラーの犬が芝生を走っている様子 犬の毛色の中で最も多いと言われているのがホワイトです。

人間は白い犬を好む傾向にあり、これは長い年月を人間と共に過ごしてきた犬の象徴とも言えます。

ホワイトのカラーは、体毛の中に色素をほとんど含まない真っ白な毛色です。

遺伝子の異常によって体毛以外にも色素を持たない「アルビノ」の犬種も同じように真っ白な被毛を持っていますが、遺伝子の異常がない場合は、目のふちや鼻、爪などに黒色が出ているので判別することができます。

また、ホワイトの犬種は肩甲骨の間にクリーム色の毛が生えてくることがあります。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP