2017年12月12日

犬が飼い主の顔を舐める心理とは?1/2

犬はさまざまなシーンで飼い主の顔を舐めようとしますよね。愛犬の様子を見れば、悪い意味でその行動をとっているわけでないことはわかります。

しかし、この行動をやめさせたいと考えている飼い主の方もいらっしゃることでしょう。

今回は、犬が顔を舐める理由や、その対処法についてお話しします。

犬が顔を舐める3つの理由

女性の顔を舐めるジャックラッセルテリア 犬が飼い主の顔を舐める場合には、大きく分けて3つの理由に分類されます。

愛情表現から

まずは犬からの愛情表現です。嬉しくてたまらないという気持ちの場合の行動です。

これは犬の本能からくる行動でもあります。

昔から犬は人に対する敬意や尊敬を表現する場合には顔を舐めていたのです。

こう考えると舐められて嫌な気持ちにはなりませんよね。

空腹から

次に食べ物を欲しがっている場合です。犬は子犬を育てる際に口から食べ物を吐き出して与えていたことがあるのです。

そのために口元を舐めることで「食べ物がほしい」とアピールしています。

どちらも飼い主を親だと思っていたり、信頼していたりするからこそできる行動なのです。

ネガティブな感情から

もう1つの理由が不安や緊張から起こる行動というものです。

いつもと違う場所などに行った際に顔を舐めてくるという場合は、どうすればいいかわからずに、不安から舐めているというケースが多いです。

この場合には近くに寄り添って、首元を撫でてあげるなどして犬が少しでも安心できるようにしてあげましょう。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP