2018年2月11日

可愛いけど困ってしまう?犬の行動まとめ1/2

犬を飼っていると、思い通りにならないケースが多く、その行動に困ってしまう場合もあります。

困った行動を繰り返す場合は人間の都合でなく、犬の目線で考えることも重要です。

愛犬が何をもとめるか考えることで、問題が解決することもあるからです。

今回は、犬にありがちな困った行動と犬の心理についてまとめました。


スポンサーリンク

アニコムバナー①

物を引っかいたり壊したりする

キッチン棚の中を除く犬 愛犬が家具や床を引っかいてしまったり、物を壊してしまうことがあります。

一度であれば笑って許せる場合があっても、二度、三度と続くようでは困ってしまいます。

ストレスがたまって物を壊す犬もいますが、十分にコミュニケーションが取れている場合や、運動不足などもなければ原因が何かわからなくなりがちです。

注意したいのは、飼い主の気を引くために物を傷つける犬がいることです。

叱られることよりも飼い主がそばに来てくれることを喜ぶからです。

叱ったあとに可愛がってしまうと、いたずらすると可愛がってくれるということだけ学習してしまう犬もいます。

また、現行犯で叱らないと、物を壊したから怒られていると認識できないケースもあるのです。

静かにしているときに叱ってしまうと、静かにしていると怒られると学習してしまうこともあるため注意が必要です。

散歩中にぐいぐい前に行こうとする

散歩をする3頭の犬 散歩中にリードを引っ張ってぐいぐい前に行こうとする犬がいます。

散歩コースを外れてしまったり、他の犬にちょっかいを出そうとして困ってしまうことがあります。

犬の目線で見ると、ぐいぐい引っ張って飼い主がついてくる場合は、引っ張ればついてくるものだと思っている場合があります。

引っ張って止められたりしない以上、問題がないと考えてしまうのです。

大型犬に主導権を握られてしまうと人間が体力負けすることも多いため、トレーニング教室でしつけをするなど、手間をかけて学習させた方が良いケースもあります。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。
スポンサーリンク

アニコムバナー①


PAGE TOP