2017年12月29日

これで納得!愛犬がひざの上に乗ってくる4つの理由とは1/2

愛犬がひざの上に乗ってリラックスしている様子は、とても愛らしいですよね。

今回は犬が飼い主のひざに乗りたがる心理、そして注意点を紹介していきます。

犬がひざに乗る理由1:「甘えたい」から

飼い主のひざの上で眠るチワワ 犬がひざに乗る理由のなかで、一番多いのが「甘えたい」という気持ちです。

子犬に特に多く、小さい頃に習慣化されていたことで、成犬になってからもひざに乗りたがる素振りを見せます。

子犬期は特にスキンシップが重要となる時期なので、目だった問題がなければそのままで大丈夫です。

しかし成犬になってからはある程度メリハリをつけた方がいいでしょう。

例えば、飼い主が都合の悪い時はすぐにひざから降ろすようにしてください。

寝ていたりするとどうしても動かすのが気の毒に思いますが、犬の気が済むまでずっと付き合っていると、犬の中で立場がいつの間にか逆転していることもあります。



犬がひざに乗る理由2:「自分が上」だとアピールをしたい

飼い主のひざの上から横目でこちらを見ているポメラニアン ひざの上に乗ったあと、降ろしたり構ったりした際に激しく反抗する場合は、「自分のほうが偉いのだ」と主張している可能性があります。

甘えん坊な性格で降りたがらない犬もいますが、それだけなら降ろされるからといって唸ったり鼻にシワを寄せたりすることはないでしょう。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


 

合わせて読みたい


Qpet協力ドクターの紹介
カテゴリー一覧

PAGE TOP