2018年1月20日

「一匹」と「一頭」犬の数え方はどちらが正しい?1/2

ウサギは一羽、馬は一頭、虫は一匹……など、生き物の数え方はいろいろありますが、犬の数え方はなんだと思いますか?

同じペットの猫の数え方が一匹なので、犬も一匹かと思いきや、一頭と数えることもありますよね。

いったいどちらが正しいのでしょうか。

一匹と一頭、正しいのは?

草の上を歩く子犬 「匹」と「頭」、どちらかが表記を間違っているのかというと、実はどちらも合っています。

犬の数え方は、一匹と一頭、どちらも使っていいのです。

では、どう使い分けるのかというと、犬に限らず人間より小さい動物を数えるとき、「匹」を使います。

反対に「頭」を使うのは、基本的に人間より大きい動物を数えるときです。

犬は抱っこできるくらい小さい犬から、上にまたがれるのでは?と思うくらい大きい犬までいますから、一匹と一頭のどちらが使われていてもおかしくないのです。

どこまで「匹」になるの?

芝生に伏せる介助犬 大きい小さいで「匹」と「頭」を使い分けるとわかっても、「人間より大きい」ではちょっと判断がつきにくいですよね。

抱っこできるかどうかで判断すればいいともいわれていますが、自分から見て大きな犬だし抱っこできないから一頭だと思っていても、大柄な人から見たら小さいとまではいかなくても抱っこはできるから一匹と数えているかもしれません。

しかも、数え方をどちらにするかの判断基準は、実はもう一つあるんです。

小さい犬なのに「頭」を使って数えているのを聞いたことがありませんか?

小さい犬でも、介助犬や警察犬など、人間の仕事をサポートする犬は「頭」で数えます。

介助犬は障がいのある人の助けになるように訓練された犬のことです。

盲導犬はレトリーバーのような大型犬が多いですが、家の中で人の補助をする介助犬は小型犬や中型犬もよく使われます。

警察犬もほとんどが大型犬ですが、嘱託警察犬として働く犬の中には柴犬やダックスフント、なんとロングコートチワワまでいるのです。

そんなお役立ち犬たちは、大きさに関係なく「頭」で数えられています。

また、犬ではありませんが、イリオモテオオヤマネコのような絶滅危惧種も「頭」で数えられています。

そんな判断基準まででてきてしまうと、どこまで「匹」でどこから「頭」なのか、それこそ頭を抱えてしまうしかありません。

どちらで数えてもものすごく間違っているわけではないのですから、この人には大きく(小さく)見えているんだなあ、と流してしまいましょう。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP