2018年11月3日

「愛犬に尊敬されてない?」と悩む飼い主さんが確認すべき4つのこと1/2

「他の家族と自分への態度が違う」「しつけがまったく上手くいかない」

こういった悩みから、愛犬が自分を飼い主と認めていないのではないかと考える飼い主さんはたくさんいるようです。

今回は、そんな時に愛犬との関係を見直す4つのポイントを紹介します。


スポンサーリンク

アニコムバナー①

【チェック①】愛犬に対して気分屋な態度をとっていないか?

飼い主におやつをもらっているトイプードル 人間同士でのコミュニケーションでもそうですが、感情的になり長時間怒鳴り散らす人をなかなか尊敬することはできませんよね。犬も同じです。

もしなにか悪いことをしても「ダメ!」と一言で叱り、後は普段通り接するようにしましょう。

長く叱り続けても犬は理解できません。

すると「この人はなぜか怒ってばかりの楽しくない人だ」と思い、尊敬以前の問題となってしまうのです。

過去に同じことをやっての怒らなかったのに今日は怒る、なんて一貫性の無さも犬にとっては負担になります。

【チェック②】嫌がるモノ・コトを近づけていないか?

大きな音のする雷や他の犬など愛犬が怖がりそうなものがある場合には近くに寄り添ってあげるようにしてください。

反応が面白いから、といって嫌がる物に近づけたりしないようにしましょう。

また、意外と多いのが内向的な性格のワンちゃんに他の犬との接触をさせようとする行為。

飼い主さんにとっては「良かれと思って」の行為なのですが、犬によっては大きなストレスになる場合もあるのです。

社会化は正しい知識をもって取り組まないと、犬を神経質にする結果となってしまいます。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。
スポンサーリンク

アニコムバナー①


Qpet協力ドクターの紹介
カテゴリー一覧

PAGE TOP