2017年12月4日

犬の殺処分の現状と殺処分を減らす取り組みが盛んな国・日本国内の自治体1/2

現在ペットブームとなっている日本では、3世帯に1世帯はペットを飼っているといわれています。

しかし、その一方で見逃せないのが殺処分の問題です。

ここでは犬の殺処分を減らすために行われている日本及び海外での取り組みをご紹介します。

犬の殺処分について

こちらを見つめる子犬 日本では、驚くほど多くの犬が殺処分されています。

環境省が発表した、平成28年度の犬の殺処分数は10,424頭で、猫と合わせると55,000頭余りにも上ります。

とはいえ、10年前の犬の殺処分数は112,690頭と現在の10倍以上でした。

これほど犬の殺処分数が減っているのは、一重に各自治体の努力の結果だといえるのではないでしょうか。

参考:環境省自然環境局 総務課 動物愛護管理室
統計資料 「犬・猫の引取り及び負傷動物の収容状況」
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/statistics/dog-cat.html

海外で行われている犬の殺処分を減らすための取り組み

飼い主に抱かれる犬 海外では、犬の殺処分を減らすために日本ではない様々な取り組みが行われています。

犬の殺処分ゼロの国、ドイツ

ドイツは犬の殺処分ゼロの国として知られています。

ドイツは欧米諸国の中でも特に動物愛護が進んでいることで有名で、そもそも犬の殺処分をする施設が存在しません。

捨てられた犬を保護しているのは民間団体が運営している「ティアハイム」という施設で、ここで保護された犬はその9割が新しい飼い主に譲渡されるそうです。

また、残りの1割もティアハイムで一生を遂げています。

また安易に犬を飼わないようにするための対策も徹底されており、飼い主になるためには飼育環境等の厳しい審査を通過しなければいけません。

さらに「犬税」も導入されており、飼育する犬の頭数が増えると税金も増える仕組みになっています。

イギリスでの犬の殺処分

イギリスでは、日本と同様に犬の殺処分が行われていますが、大きな違いは新しい飼い主が見つかる犬の割合です。

イギリスでは保護された犬のほとんどが新しい飼い主に譲渡されています。

また、イギリスの殺処分では犬を安楽死させています。

日本ではガスを使用した窒息による殺処分が主流となっており、この点も大きな違いだといえるでしょう。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP