2018年1月31日

愛犬に「ありがとう」を伝える4つの方法1/2

心の通じあった相手だからといって、「ありがとう」の気持ちを伝える努力を怠ってはいけません。

伝える相手が人間ではなく、愛犬であっても同じことです。

言葉が通じない分だけ、きちんとありがとうの気持ちを伝えなければ、愛犬との絆を育むことは難しいでしょう。

今回は、大切な愛犬にありがとうの気持ちを伝える方法を4つ紹介します。

散歩で楽しい時間を過ごす

サモエドの顔にキスする飼い主 犬が大好きなものといえば「散歩」です。普段リードにつながれたり、室内で飼われたりと活動が制限されている犬にとって、散歩は外の世界とふれあえる貴重で楽しい時間です。

いつもはお決まりのコースをぐるりと一周するのが定番の散歩を普段とは違った内容にして犬にありがとうの気持ちを伝えましょう。

散歩好きな犬には散歩の時間を増やしてあげましょう。

いつもより散歩時間を長くとれば犬にとって楽しみの時間が増えることになります。

もっとたくさん散歩したいと散歩をせがむタイプの体力にあふれた犬なら、自発的に家に帰ろうとするまで思う存分散歩に付き合ってあげれば何よりの「ありがとう」になるでしょう。

普段の散歩コースとは違う場所に行くのもオススメです。

犬は定番の散歩コースでも十分楽しめますが、初めて場所には新鮮な驚きがあふれていて、好奇心をかきたてられるものです。

ボール投げなど、普段のお散歩ではできない遊びも感謝の気持ちを伝えるのに良い行為です。

犬が喜ぶスペシャルメニュー

朝食を食べる飼い主と犬 犬にとって、毎日の食事は生きるために必要なものであると同時に何よりの楽しみです。

犬は飼い主が与える食事しか食べられないので、好きなメニューがあっても食べるチャンスは限られています。

ありがとうの気持ちと伝えるためにスペシャルなメニューを用意してあげれば犬は大いに喜ぶでしょう。

手作りのおいしい食事を用意するのもいいですが、犬の喜ぶ豪華なフードやおやつを与えるのも効果的です。

普段から犬にいろいろなメニューを与え好みをリサーチしておいて、ここぞというときにスペシャルなメニューで感謝の気持を伝えてあげましょう。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP