2018年1月26日

犬の柄・パターンについて!タンやハーレクインなど一覧でご紹介1/6

飼い主や犬のお迎えを考えている方、犬の記事を読むのが大好きな方は、犬のパターン(柄)には様々な種類があるのをご存知かもしれません。

犬種によってはすでにパターンが決まっているため、そのパターン以外はスタンダードとして認められないこともあります。

タンやサドル、バイカラー、プリンドルなど、犬のパターンとパターンから見えてくる魅力などをご紹介します。

犬のパターン一覧

色々なパターンの犬が散歩をしてもらっている様子 犬のパターンや、その柄で知名度の高い犬種なども合わせてご紹介します。

スポット

スポットの犬種、ダルメシアン スポットはホワイトなどの明るい色をベースに、ブラックやブラウンなどの濃い色がスポット状(点々)に現れるパターンです。

ダルメシアン

ダルメシアンは子供のころからスポットであることが分かる様子
ダルメシアンは少なくとも3つの斑点遺伝子の特別変異が起こってこのような美しい模様ができています。


ハーレクイン

ハーレークインのグレート・デン ハーレクインとは、すべての犬種の中でグレート・デンだけで発現する模様です。

一見ダルメシアンのスポットと同じように見えますが、スポットと違うのは斑点がまだらなところにあります。

グレート・デン

ハーレークインパターンのグレート・デンたち 大小様々な斑点は派手なので、中世の演劇界での道化師のようだとされ、ハーレクインと呼ばれています。

タン

タンの犬がおもちゃをくわえている様子 犬の毛色でレンガのような赤茶色の毛色をタンと言います。

タンのパターンを持つ犬の多くは、眉毛、マズル周辺、足元、胸元にタンの色が現れます。

ブラックやブラウンなど、タンよりも暗く濃い色とともに発現し、ブラック・アンド・タンや、ブラウン・アンド・タンと呼ばれています。

タンのパターンで知名度の高い犬種は以下になります。

ダックスフンド

タンのダックスフンド ダックスフンドの中には、タンカラーではなく、クリームなどの淡い色単色だけの犬もいますが、このような犬は繁殖家の中では「退色」とされ、スタンダードとしてショーに出場することはできません。

ミニチュア・ピンシャー

タンのミニチュアピンシャー

ドーベルマン

タンのドーベルマン

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP