2018年2月12日

他の犬と出会ったときの愛犬の気持ちは?1/2

散歩やドッグランなどで他の犬と出会った時に、愛犬のリアクションを見て、今何を考えているのかな?と疑問に思ったことはありませんか?

犬たちのリアクションは、人間のボディランゲージのように意味を持った行動です。

様々な仕草を通じて、犬が互いにとっているコミュニケーションの意味をいくつかご紹介します。

地面の匂いを嗅ぎ始めた時

森の中で何かを見つめる3頭の犬 他の犬が近づいてきたとき、急に地面の匂いを嗅ぎ始めることがあります。

このとき犬は、軽度なストレスを感じて、自分にも相手に対しても不安な感情を抑えようとしているのです。

落ち着くための仕草なので、無理に止める必要はありません。

また匂いを嗅ぐのではなく、頭を低く下げるだけの場合もあります。この時は「向こうから知らないやつが来る」と、警戒している仕草です。

この状態が続き、相手の犬に対して集中している様子だと、喧嘩になることもあります。

飼い主との散歩中など、犬は「飼い主を守らなければ」という使命に燃えていることが多く、相手を敵と見なすと警戒しすぎてしまうことがあります。

相手の犬に吠える

草むらで並ぶ3頭の犬 相手を大きく見開いた眼で凝視し、耳も前方にぴんと立っている状態でいる時は、強く警戒している状態です。

そのまま相手の犬から視線を逸らすことなく、吠え始めてしまうことが多いです。

幼い頃に親元から引き離され、犬社会のことをあまり知らずに成長した犬は、他の犬と出会ったときに不安な気持ちになりやすく、相手の気持ちも分からないので、警戒心や好奇心など様々な感情が入り混じって興奮してしまうことが良くあります。

そうした感情を、吠えることで表現しているのです。

こうした場合には、飼い主さんがそっと向きを変えたり、離れるように誘導してあげることで、次第に落ち着きを取り戻していきます。

犬は動いているときの方が気持ちを落ち着けやすいので、その場でお座りさせたりするよりも、ストレスなく落ち着かせてあげることができます。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。
スポンサーリンク




PAGE TOP