2018年4月15日

『小型犬』を飼うと気づく4つのコトとは?1/2

犬を飼い始める際に『小型犬』か、それとも『大型犬』かといった犬の大きさで迷う人もいることでしょう。

犬の大きさによって、飼い主の生活や、飼い方も大きく変わってきます。

今回は、小型犬を飼ってみて気づくことを4つ紹介していきたいと思います。

気づくこと①えさ代が比較的少なくすむ

飼い主とトイプードル これはごく当たり前のことかもしれませんが、小型犬の場合だと、毎月のえさ代が安くすみます。

大型犬の場合だと、体の大きさゆえに大容量サイズのドッグフードを買っても、小型犬よりも消費量は早いといえるでしょう。

また、小型犬でさえも、ドッグフードにこだわりのある飼い主なら毎月の出費がかさむため、大型犬となるとなおさらです。

小型犬だと、大きいサイズのドッグフードを買っておけば、2~3ヶ月くらいは持つのでコスパも良いです。

毎日のことなので、飼い主にとっても決して無視できない問題です。



気づくこと②散歩時間が短くすむ

走るビションフリーゼ 小型犬は運動量をそこまで必要としないため、散歩の時間が短く済みます。

10分くらいの散歩でも問題ないので、忙しくて散歩をしてあげる時間がない人でも小型犬は飼いやすいです。

むしろ、運動のさせすぎが逆効果になることもありえます。

大型犬だとある程度の運動をしないと太りやすくなりますし、ストレスもたまってしまいます。

また、ドッグランなどに連れて行ってあげて運動させる必要もあるでしょう。

お世話が必要なことに変わりはありませんが、小型犬のほうが大きな手間はかからないといえます。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


 

合わせて読みたい


Qpet協力ドクターの紹介
カテゴリー一覧

PAGE TOP