2018年4月17日

『飼うと気がつく!』中型犬のコト4つ1/2

犬を飼い始める前には事前に情報収集をして、万全な体制で迎えようと準備すると思います。

しかし実際に家に迎え入れると、そう教科書通りにはいかないものです。

小型犬ならすぐ対処できることでも、中型犬となると大変なこともしばしば。

今回は中型犬を飼うと気づくことをご紹介したいと思います。

気づくコト①排泄物の処理

雪の中の柴犬 犬を飼い始めて最初に教えなくてはならないのは、糞・尿をする場所です。

初めは部屋のどこででも排泄してしまうのですが、犬は賢いもので、ものの1週間ほどで覚えてしまいます。

またオスの犬の場合は足をあげずにおしっこをすることも覚えます。

教えた場所でトイレをしたという行為に最初は感動し、かわいくてしょうがないでしょう。

しかし、問題は体が大きくなってからです。当たり前のことですが、体が大きくなると糞・尿の量が増えます。

となると子犬のころ使用していたおしっこマットでは量が追い付きませんし、勢いも強くなるため飛び散ってしまいます。

トイレ周りの汚れが激しくなり、臭いもきつく感じるようになります。



気づくコト②金銭的な負担

花の中のコッカー 中型犬を飼うことを決意して家に連れてきたとしても、じわじわダメージが大きいなと感じてくるのは金銭的な負担ではないでしょうか。

もちろん家に連れて帰った時は身体が小さく、ドッグフードの量やおやつは少量で済みます。

しかし小さな体でいてくれる期間はそう長くなく、あっという間に成犬に近い大きさまで成長してしまいます。

この時に気づくのが、ご飯の量が増えドッグフードやおやつの購入サイクルが早くなってきたなということです。

よく食べるし、中型犬のドッグフードは小型犬用に比べると割高だし、回転率が速くなればなるほどコストがかかります。

また、フィラリアの薬は体重によって服用する量がかわりますので、小型犬に比べて割高となっています。

わずかと言えばそれまでですが、1年の間の6ヶ月は飲み続けないといけないので大きな出費となることには間違いありません。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


 

合わせて読みたい


Qpet協力ドクターの紹介
カテゴリー一覧

PAGE TOP