2017年11月17日

グレート・ピレニーズについて1/2

グレート・ピレニーズは、豊かな被毛に覆われた優雅な容姿が魅力的な大型犬です。

今回は、そんなグレート・ピレニーズの歴史や性格、飼うときのポイントについてまとめました。

グレート・ピレニーズを飼いたいと考えている人はぜひ参考にしてください。

グレート・ピレニーズの歴史

砂浜に立つグレート・ピレニーズ グレート・ピレニーズは古くからヨーロッパの山岳地帯に存在した犬で、番犬あるいは牧羊犬として人間に使役してきました。

大きな身体で家畜を狙う害獣たちを威嚇し、時には戦って追い払っていたそうです。

17世紀になるとグレート・ピレニーズはフランス王室の公式犬となり、ルイ14世やマリー・アントワネットの護衛する役目を担いました。

また、イギリスのビクトリア女王の愛犬もグレート・ピレニーズでした。

ところが時代が変わって護衛犬の必要性がなくなると、グレート・ピレニーズを飼う貴族もどんどん減っていきました。

一時期は絶滅の危機にも追い込まれたようです。

しかしその後は愛好家の手で繁殖されたことによって絶滅を免れ、現在では家庭犬向きに改良が重ねられています。

グレート・ピレニーズの性格

芝生の上に伏せるグレート・ピレニーズ グレート・ピレニーズは優雅な見た目をしているので、おっとりして穏やかな性格だと思われがちです。

しかし番犬としての気質を持っており、見知らぬ人や他の動物に対して強い警戒心を持ちます。

それでいて、飼い主に対しては忠誠を尽くします。

交配が進められる中で警戒心は弱くなったものの、個体によってはこの気質が色濃く残っています。

そして、牧羊犬として作出された犬種だけあって高い能力を持っています。

洞察力もあり、飼い主の指示を待たずに自分で考えて行動する一面もあります。

基本的に家族には寛容に接するグレート・ピレニーズですが、頼りない飼い主に対してはこの限りではありません。

飼い主としての威厳を示さないと、自分の方が上だとアピールしてくることがあります。

グレート・ピレニーズを飼うときにはリーダーシップを発揮し、子犬のうちからしっかりとしつけを行うことが大切です。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP