2017年12月11日

チャウチャウについて1/2

一度聞くと、忘れられない不思議な響きの犬種「チャウチャウ」。

チャウチャウはふわふわの被毛とライオンのようなたてがみ、困ったような表情が独特な犬種です。

コマーシャルに起用されたこともあり、過去に人気の犬種となったことがあります。そんなチャウチャウについてご紹介します。

チャウチャウの歴史

チャウチャウが潮風を浴びている様子 チャウチャウは中国原産の犬種で、2000年以上も前から人間によって飼育されているといわれています。

その起源ははっきりとは分かっていませんが、その容姿からマスティフ系の犬が祖先犬だと考えられています。

チャウチャウは主に、猟犬や番犬として活躍していました。

19世紀まではチャウチャウは中国のみで飼われていましたが、家庭犬ではなかったため人に懐かない荒々しい気質も見られたと言われています。

その後、海外に輸出されることになりましたが、チャウチャウが流行した時期に乱繁殖が行われたことにより、飼うのが難しい性格の犬種となってしまったようです。

チャウチャウの特徴

ふわふわの毛が特徴的なチャウチャウ チャウチャウは体高48~56㎝、体重18~27㎏の大型犬で、舌が青いのが特徴です。

ライオンのようなたてがみがあり、マズルが短く、立ち耳でゆるい巻尾です。

毛色はバリエーションが豊富で、クリームやブラック、フォーン、レッド、ブルー、ホワイト、シナモンなどがあります。

なお、パーティーカラーは認められていません。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP