2017年12月24日

プチブラバンソンについて1/2

プチブラバンソンは丸くて大きな目が可愛らしいベルギー原産の犬種です。

日本では見かけない犬種ですが、とても飼いやすい性格をしています。

ここではそんなプチブラバンソンについてご紹介します。

プチブラバンソンの歴史

プチブラバンソンが芝生の上で伏せている様子 プチブラバンソンはベルギーで生まれた犬種で、その前身はスムージーという小型犬です。

スムージーは、家畜の餌や穀物を狙うネズミを退治する狩猟犬として人間に使役していました。

スムージーがドッグショーに出展された1880年をきっかけに、スムージーは「グリフォン・ブラッセル」として正式に登録がなされました。

ベルギー王妃であったマリー・アンリエットがこの犬種に興味を示したこともあり、グリフォン・ブラッセルの人気は瞬く間に広まっていきました。

そして、この頃からグリフォン・ブラッセルと他の犬種との交配が進められるようになりました。

ここから数種類の犬種が生まれましたが、このうちパグの影響を最も強く受けた犬種がプチブラバンソンです。

なお、この名前はベルギーの地名である「ブラバント」が由来となっているそうです。

プチブラバンソンの特徴

プチブラバンソンが二匹並んでいる様子 プチブラバンソンは体高約20㎝、体重3.5~6㎏で超小型犬に分類されます。スクエアの体型をしており、短いマズルが特徴的です。

被毛はごわごわとしたラフと光沢のあるスムースの2種類があり、毛色はブラック、レッド、ブラック&タンなどがあります。

性格は活発で好奇心が強く、穏やかで愛情たっぷりです。飼い主に対して忠誠心があり、子どもや他のペットにもフレンドリーです。

マイペースなところがあるので誰とでも仲良くするわけではありませんが、攻撃的になることはほとんどありません。

こういった面でも安心して飼える犬種だといえるでしょう。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP