2017年12月18日

ラフ・コリーについて1/2

世界的に有名な作品である「名犬ラッシー」をご存知の方は多いのではないでしょうか。

この作品の主人公「ラッシー」の犬種であるラフ・コリーについてご紹介します。

ラフ・コリーの歴史

ラフ・コリーが後ろを振り返っている様子 ラフ・コリーはスコットランドで牧羊犬として飼育されていた犬種で、数ある犬種の中でも長い歴史を持っているといわれています。

しかしながら、記録として残されているのは19世紀以降のものになります。

ラフ・コリーと同じくスコットランドで暮らしていたスムース・コリーがイギリスのビクトリア女王によって持ち帰られたのは、1860年頃のことです。

これがきっかけでスムース・コリーが有名になると、よく似た特徴を持つラフ・コリーにも注目が集まるようになりました。

そして、1870年代にラフ・コリーは海を越えてアメリカに渡っていきました。

アメリカに輸入されたラフ・コリーは、富裕層の間で人気の犬種となりました。

その後、一般に広く知られたきっかけが「名犬ラッシー」です。

頭が良く大らかなラフ・コリーは多くの家庭で飼われるようになり、今でも多くの人に家庭犬として愛されています。

ラフ・コリーの特徴

子犬のラフコリーが何かを見つめている様子 ラフ・コリーはバランスの取れた体型をした大型犬で、手足にはゴージャスな飾り毛があります。

マズルは長く、どこか知的でエレガンスな雰囲気を醸し出しています。

性格は明るく温和で優しく、飼い主に対して従順です。頭も良く、飼いやすい犬種だといえます。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP