2018年7月14日

【狼犬】ノーザン・イヌイット・ドッグについて1/2

ノーザン・イヌイット・ドッグはイングランド原産の犬種で、ワイルドな雰囲気と優しそうな目つきが魅力的です。

そんなノーザン・イヌイット・ドッグの魅力から歴史までご紹介します。

ノーザン・イヌイット・ドッグの歴史

ノーザン・イヌイット・ドッグがこちらを見つめている様子 ノーザン・イヌイット・ドッグはイングランドを故郷とする犬種で、作出されたのは1980年代とかなり最近です。

この犬種を作出した目的は、「限りなくオオカミと似た外見をもつ犬種を作ること」でした。

この犬種の基礎となったのはシベリアン・ハスキーの血を引く5頭の犬たちで、その他にはジャーマン・シェパード・ドッグやシベリアン・ハスキー・アラスカン・マラミュートなどが交配に使用されました。

作出されたノーザン・イヌイット・ドッグはワイルドで魅力的な外見をしており、なおかつ人懐っこくフレンドリーな性格でした。

そのため、作出されて間もないうちに一気に人気犬種の地位まで上り詰めます。

しかし、この人気を利用して儲けようとした悪質なブリーダーたちが乱繁殖を行った結果ノーザン・イヌイット・ドッグの犬質は急激に悪くなってしまいました。

もちろんノーザン・イヌイット・ドッグの愛犬家たちはこの事態を見逃しませんでした。

一部の愛犬家は犬質を改めるために独自に改良を行い、ウトナーガンという新たな犬種を作出しました。またノーザン・イヌイット・ドッグ本来の犬質を回復させるべきだと唱えた愛好家も多く、厳しく血統管理が行われるようになりました。

その努力の甲斐あって、ノーザン・イヌイット・ドッグの犬質はかなり改善されました。

近年では小型犬が人気となっているためノーザン・イヌイット・ドッグを飼育している人はそこまで多くはありませんが、根強い愛好家は各地にいるようです。

ノーザン・イヌイット・ドッグの特徴

ノーザン・イヌイット・ドッグが横を向いている様子 体高約60㎝ほどで大型犬に分類され、当初の目的通りオオカミとよく似た容姿をしています。

身体は筋肉質で引き締まっており、耳はぴんと立っています。柔らかくてフサフサの被毛が特徴的で、毛色はホワイト&ブラック、ホワイト&シルバー、ブラック&タンなどがあります。

オオカミのような力強い外見でありながら飼いやすい性格をしており、穏やかで活発です。

頭が良い犬種なので、しつけも入りやすいといえるでしょう。なお運動能力は高いので、飼育するときには運動欲を満たしてあげることが大切です。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。
スポンサーリンク




Qpet協力ドクターの紹介
カテゴリー一覧

PAGE TOP