2017年12月19日

レオンベルガーについて1/2

レオンベルガーはドイツ原産の大型犬で、少し怖そうな見た目に感じてしまう方も多いのではないでしょうか。

しかし、実際にはとても優しく大きな心を持っているレオンベルガーについてご紹介します。

レオンベルガーの歴史

レオンベルガーが木の棒をくわえて戻ってきている様子
レオンベルガーはドイツ原産の犬種です。

その歴史は新しく、1846年にセントバーナードやニューファンドランド、グレートピレニーズなどの大型犬の交配によって作出されました。

高い能力と温和な性格を持つレオンベルガーは農家などに重宝され、ドイツ以外の国にも渡っていきました。

はじめは雑種としてとらえられることが多かったレオンベルガーですが、1895年には原産国のドイツで正式な犬種として登録されました。

第二次世界大戦では他の犬種と同様に絶滅の危機に陥ったレオンベルガーでしたが、イギリスの努力によってその危機を乗り越えました。

現在では根強い愛好家のいる犬種となっています。

レオンベルガーの特徴

レオンベルガーの子犬がこちらに向かって走ってきている様子
レオンベルガーは体高65~80㎝、体重41~75㎏の超大型犬で、筋肉質なたくましい身体をしています。

特に四肢はがっちりとしており、かなりの運動量にも耐えることができます。

ライオンのたてがみを彷彿とさせる被毛も特徴的で、もともと大きな身体がさらに大きく見えます。

被毛はダブルコートで、ウェーブがかかっている場合が多いです。

毛色はライオン・イエロー、レッド、レディッシュ・ブラウン、サンドなどバラエティに富んでおり、必ずブラックマスクがあります。

ただし、ブラックがベースの毛色は認められていません。

一見怖そうな見た目に反して性格は優しく穏やかで、広い心を持っています。

とても愛情深く、小さな子どもに対しても優しく接します。

滅多に吠えない犬種のため、番犬としては向いていないといえるでしょう。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP