2018年4月22日

【スパニエル界の貴族】クランバー・スパニエルの特徴と魅力について1/2

クランバー・スパニエルはイギリス原産の犬種です。

その風格のある雰囲気から「スパニエル界の貴族」の異名をもちます。

ここでは、そんなクランバー・スパニエルの歴史から魅力までご紹介します。

クランバー・スパニエルの歴史

クランバー・スパニエルが走り回っている様子 グランバー・スパニエルはイギリス原産の犬種で、その祖先犬はフランスの猟犬だと考えられています。

しかしながら、グランバー・スパニエルは他のスパニエル犬種と体型が違うため、由来を推測することが難しく、その起源は未だに明らかになっていません。

仮説の一つには、フランス革命で処刑が決まったノアイユ侯爵が、愛犬をイギリスのニューカッスル侯爵に送り、ニューカッスル侯爵がそのスパニエル犬を改良したことでクランバー・スパニエルが誕生したというものがあります。

しかし、フランス革命以前に描かれた肖像画からは、ニューカッスル侯爵がすでにスパニエル犬を飼っていたことが伺えるため、この仮説の真偽は不明となっています。

19世紀には、クランバー・スパニエルは王室でも愛される犬種となっていました。

ジョージ5世やエドワード7世の愛犬もクランバー・スパニエルだったとされています。

しかし、第二次世界大戦が始まると同時にその人気は急落していきました。

現在では、クランバー・スパニエルは猟犬として使用されることは少なくなりました。

次第にペット用やショードッグ用の犬種となり、以前よりもどっしりとした重量感のあるスタイルが好まれるようになりました。

しかし、原産地イギリスではクランバー・スパニエル本来の猟犬としての体型を維持させるための組織的な取り組みが行われています。



クランバー・スパニエルの特徴

横を向いたクランバー・スパニエル クランバー・スパニエルの雄は雌より一回り大きく、体高50㎝前後、体重35kg前後で中型犬に分類されます。

体型が特徴的な犬種で、胴長で重量感がありどっしりとしていて、マズルは短めで頭は大きく、太い首をしています。

被毛はロングコートで、毛色はホワイトにレモンの斑が望ましいとされていますが、オレンジの斑も認められています。

性格は温和で冷静、そして利口です。威厳がありながらも周囲に対して優しい態度を示し、攻撃性をみせることはありません。

飼い主に対して愛情深い一方で、他人に対しては人見知りをします。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい


Qpet協力ドクターの紹介
カテゴリー一覧

PAGE TOP