2017年11月4日

犬の盗難(連れ去り)対策について1/5

かわいい愛犬が突然いなくなるなんて、想像したくもないですよね。しかし、実際には犬の盗難事件は決して珍しいものではないのです。

大切な愛犬を守るためには、事前に盗難防止の対策をすること、そして盗難に遭った際には素早く対処することが大切です。

犬を盗む目的

男性のつま先と犬の前足 人が大切にしているペットを盗むことは、どんな理由があっても許されることではありません。

盗難防止に取り組む前に、まずは犬の盗難を起こす側の心理について考えてみましょう。

理由を理解したうえで対策に取り組めば、“どんな点を警戒すべきか”が具体的に見えてきます。

人の犬と知らずに連れ帰る

首輪が抜けた状態で歩いていたため「野良犬だ」と勘違いをして、人のペットだと知らずに犬を連れ帰る人もいます。

本人は盗難ではなく保護する意図で犬を連れているので、この場合は自分から情報を積極的に発信していけば再会できる可能性が高いでしょう。

気に入ったから自分で飼いたくなった

あまりの可愛さに自分で飼いたいという身勝手な理由で人のペットを盗む人もいます。

有り得ない話のようにも聞こえますが、こうしたケースは実際に起きているようです。小さくて可愛らしい小型犬、または人気犬種は特に要注意です。

空き巣による盗難

金品を狙って空き巣に入った人間が、ペットも連れ去っていくケースもあります。金品だけでも相当な被害ですが、さらにペットもいなくなっていたと知ったときの喪失感は相当なものでしょう。

「空き巣経験者の多くが犬のいる家は避けると答えた」という調査結果などもありますが、犬がいるからといって空き巣の被害がなくなるわけではありません。

むしろ実際はその番犬さえも“価値がある”として連れていかれる可能性があることを知っておきましょう。

飼い主への嫌がらせ

飼い主に嫌がらせをするためにペットを連れ去り、盗んだペットは捨ててしまうというケースもあります。信じられないようですが、実際に起こっている犯罪です。

人間関係でトラブルが起きている方は、自身だけでなく愛犬に矛先が向けられないよう警戒しておきましょう。

飼い主から謝礼金をもらうことが狙い

「迷子になっていたペットを保護した」という体を装い、謝礼金をもらおうとする例もあります。飼い主のペットへの愛を逆手に取った悪質な例です。

もちろん盗難ではなく善意で保護してくれる人の方が多いわけですから、ここの線引きはほぼ不可能ですよね。

犬の転売が目的

盗んだペットをペット市場で転売してお金を得ようとするケースもあります。

また、去勢(避妊)手術を行っていない犬がパピーミルと呼ばれる子犬を繁殖する業者に転売される場合もあります。

>あなたの愛犬は大丈夫?盗まれやすい犬の4つの特徴

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。
スポンサーリンク



PAGE TOP