2017年10月11日

【弁護士が解説】ペット可賃貸で起こる犬の騒音トラブルについて1/3

監修にご協力いただきました!

平成15年3月 東北学院大学法学部 卒業
平成17年3月 東北学院大学法学研究科 修士課程 修了
平成17年10月 司法試験 合格
平成19年10月 石井慎也法律事務所 入所
平成24年3月 法律事務所絆 入所
平成28年8月 はづき法律事務所 開設

隣人同士の傷害事件が発生し、理由を探ると「長年の騒音を巡る揉め事が原因だった」というような話をときどき聞くことがあります。

騒音の内容は、楽器や歌声だったり子どもの足音だったり様々ですが、躾がゆき届かず、ストレスを溜めた犬の鳴き声・吠え声で深刻に悩まされている人も少なくないようです。

騒音被害についての考え方

家の中で遠吠えする犬 私たちが社会で共同生活を営む以上、無音の静けさの中で生きることはできません。

生活に伴うある程度の騒音は、お互いさまの精神で、一人一人が我慢しなければなりません。

このようにある程度我慢しなければならない範囲を、法律の世界では「受忍限度」といいます。

しかし、その騒音が、誰であっても「これは我慢できない!」というレベルに達した場合は、周囲の生活の平穏を破壊するものと言わざるを得ませんから、「受忍限度を超えた」と評価され損害賠償や差止め請求の対象となります。

寝ている犬と子ども 犬は吠える動物であり、一般的な躾を行ったとしても全く吠えないことは考えにくいので、ペット可物件であれば犬の鳴き声・吠え声がすることはある程度許容されていると考えられます。

したがって、ペット可物件内部での鳴き声に対する受忍限度は、まさにペット可物件に居住する者同士のお互いさま精神で比較的広く解されると思われます。

とはいえ、ペットに対する基本的な躾を行うことは当然に要請されますので、「犬が長時間にわたって鳴き続ける」とか、「夜間や明け方に吠えるため他の入居者の安眠が妨げられている」などのケースでは、受忍限度を超えたものとして飼い主が損害賠償責任を追及される可能性があります。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:髙城晶紀
宮城県仙台市のはづき法律事務所代表。
男女問題や相続、借金などの一般民事事件及び刑事事件に対応。
ペットを巡る法律問題に関するご相談・ご依頼も多数。 動物との共生を考える弁護士の会・東北(通称・ハーモニー)に所属。
スポンサーリンク

PAGE TOP