2017年10月9日

【ペット可の物件選び】犬と暮らせる家の探し方~賃貸編~1/3

愛犬と暮らしている皆さん、犬と暮らしたいとお考えの方が悩むポイントの一つに不動産があります。

「ペット可物件」は条件が厳しく、見つけるのが難しいと思っている飼い主も多いでしょう。

今回は、ペット可の物件を選ぶ際のコツについて解説しますので、ご参考ください。


ペット可物件を探すにはまず不動産屋さんを見つけること!

ラブラドールとハイタッチする男性
不動産屋さんを訪ねる場合は、最初にペットを飼いたいとはっきり伝えましょう。すぐに難色を示すような不動産屋さんは避けて、一緒になって前向きに探してくれる不動産屋さんを見つけるのが大切です。

犬との暮らしを夢見る人にとって、不動産屋さんは一緒に夢を実現するためのパートナーです。

自身も犬好きだという人や、犬と生活したことがある方だと理解が得やすく話が早いです。

不動産屋さんを味方につければ、ペット不可の物件でも、場合によっては大家さんを説得してくれたりする場合もあります。

注目のペット可物件「ペット共生型マンション」

マンションの窓から外を眺めているジャックラッセルテリア 一言でペット可物件といっても、いろんな種類がありますのでご自身のペットの種類や予算に合わせて選ぶことをお勧めします。

一般的なペット可物件だと、鳴き声が外に漏れにくいように遮音性が高くなっていたり、ペットの足音が響かないようクッションフロアになっているなど、工夫がされている物件と、そうでない物件があります。

比較的新しいマンションはペット相談可の場合が多く、小型犬と猫のみ可、猫は不可など、物件によって様々な条件があります。

ペットと暮らすための「ペット共生型マンション」

今注目を集めているのは、「ペット共生型マンション」です。ただ単純にペットと住める住宅とは違い、犬と暮らすのに適した設備が整っていて、飼い主もペットも嬉しいマンションです。

エントランスに犬の足洗い場が用意されている、室内にもペット用のドアが備え付けてある場合や、台所などの危険箇所にフェンスが付いているもの、入居後には犬のしつけ教室が開かれるなど、様々な設備があります。

入居前にはペットマナーの審査があり、基本的にペットを飼育することを前提とした入居者が集まっている為、住人同士の理解があるのも魅力です。

まだ物件の数が少ないのと、築浅の場合も多いため、賃料が比較的高く設定されているのがネックですが、選択肢に入れてみるのもいいでしょう。

ペット可以外にも条件のゆるい物件は要注意

極端に古い建物や、すでに取り壊しが決まっている建物で、特に設備が整っているわけではないのにペット可としている物件です。家賃が比較的安いのが特徴ですので、割り切って住むにはいいのかもしれません。

ぺット可の条件と合わせて、楽器、ルームシェアなどあらゆるものが可能となっている場合、賃料は安くても、住居の匂いや騒音など、入居後にトラブルが発生する可能性が高く、すぐに引っ越して高く付いたという事になり兼ねないので、慎重に選ぶようにしましょう。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。
スポンサーリンク



PAGE TOP