2017年11月3日

愛犬のためのDIY(手作り)教室~犬小屋~1/5

スペースに余裕があるご家庭であれば、愛犬のための犬小屋を用意してあげたいですよね。

せっかくなら、自分で愛犬のための犬小屋を手作りしてみませんか? 今回は屋外用、屋内用それぞれの犬小屋をDIYする方法についてお話しします。


スポンサーリンク

アニコムバナー①

【屋外用】頑丈で本格的!犬小屋の作り方

作成途中の犬小屋 犬小屋は雨、風、日差しなどから愛犬を守るものですから、頑丈である必要があります。ここでは、シンプルかつ頑丈な犬小屋の作り方をご紹介します。

①愛犬の大きさを測る

愛犬にぴったりのサイズの犬小屋をつくるために、愛犬の大きさを測ります。ギリギリ入れるサイズの犬小屋ではなく、ゆっくりとくつろげるサイズの犬小屋を作りましょう。

②設計図をかく

作業をスムーズにミスなく進めるためには、設計図は必要不可欠です。

まずは、犬小屋を設置する場所を決めてから作りたい犬小屋のイメージを固めていきましょう。

完成した犬小屋をイメージするためには、実際にデッサンするのが一番です。

画用紙かスケッチブックにHBの鉛筆かシャープペンシルを使ってデッサンしていきましょう。

色鉛筆で色もつけるとより鮮明にイメージがわくはずです。

自分の中でイメージが固まったら、愛犬のサイズと設置場所のサイズをもとに設計図をかきます。

大きめの紙を用意し、300~500分の1の寸法で立面図をかきます。立面図ができたら、平面図もかいていきます。

設計図をかくときに大切なことは、寸法を間違えないことです。

設計図にミスがあると目指した形にはならないので、スムーズに製作が進むように慎重に設計図をつくりましょう。

③材料を用意する

設計図をみながら、必要な材料を揃えましょう。

犬小屋の材料の候補としては、コンパネ、SPF材、ヒノキ、べニヤ板などがあります。

ここでは、それぞれの材料の特徴をご紹介します。

・コンパネ

ある程度の防水性を備えているため、湿気による腐食対策ができます。シックハウス症候群の原因になることが問題視されています。

・SPF材

加工がしやすく値段も安いので、DIYが趣味の人がよく使用する材料です。変形しやすく水分に強くないというデメリットがあります。

・ヒノキ

強度があり虫が付きにくく、見た目もきれいに仕上がります。また、湿気に強いことも特徴です。デメリットが少ない優秀な材料です。

・べニヤ板

あらゆる方向からの圧力に耐えられるため、強度をプラスしたいときに便利です。見た目はあまり良くないため、仕上げに使われることはあまりありません。

それぞれにメリットやデメリットがあるので、どの材料が一番ということは一概にはいえません。ホームセンターで価格等も考慮しながら決めるとよいでしょう。部位によって異なる材料を使うこともできますよ。

また、その他に必要な材料としてはビス、接着剤、塗料、各所を連結するときに必要な金属類などが挙げられます。雨で濡れても錆びにくい性質のものを選ぶ、またはさび止めのコーティング剤を用意することをおすすめします。いずれにしても愛犬の口に入る可能性があるので、安全面を考慮して選択してくださいね。

合わせて読みたい記事はコチラ!

愛犬のためのDIY(手作り)教室~スロープ・ペットステップ~


愛犬のためのDIY(手作り)教室~おもちゃ~


次ページ:道具を用意する

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。
スポンサーリンク

アニコムバナー①


Qpet協力ドクターの紹介
カテゴリー一覧

PAGE TOP