2018年6月19日

愛犬のためのDIY(手作り)教室〜ペットサークル~1/4

子犬を飼い始めるときには、買い揃えるものがたくさんあります。

その一つである愛犬用のペットサークルですが、いざ購入しようと調べると、意外と値段が高い商品が多いことに驚かれたかもしれません。

DIYで手作りしてしまえば、安価で愛犬専用のペットサークルを手に入れる事ができます。手作りできない愛犬グッズもありますが、サークルであればDIYも十分可能です。

愛犬のために、可愛いペットサークルを手作りしてみてあげてはいかがでしょうか。

ペットサークルの必要性

庭の大きなフェンスの中に犬が居る様子
愛犬を室内で飼っている人の中には、犬用のサークルを用意されない方もいます。

室内飼いであったとしても、愛犬用にサークルが必要な理由は、以下の3点が挙げられます。

ペットサークルが必要な理由1. 犬がリラックスできる

犬をサークルに入れるのは檻に閉じ込めるようでかわいそうと感じる飼い主も多いと思いますが、人間と犬の感覚は異なります。

犬が野生で生きていた頃は巣穴で生活していたので、狭いところにいると落ち着くという本能があります。

家の中に巣穴の役割をするサークルがあれば、犬は安心してリラックスすることができます。それは、自然と穏やかで落ち着いた性格に育っていくことに繋がります。

ペットサークルが必要な理由2. しつけがしやすくなる

飼い犬がわがままで困っているという人を見たことがあると思います。

これは、飼い主と犬の間で正しい上下関係を築けていないことが原因です。愛犬とは友達のような関係になりたいという人もいますが、人間と犬が平和に暮らすには飼い主がリーダーである必要があります。

人間と同じ行動範囲で生活させていると、犬は自分が上だと考える可能性が高くなります。飼い主と違う生活スペースを与えることにより、犬は飼い主を目上の人間だと認識しやすくなるのです。

ペットサークルが必要な理由3. 思わぬ怪我から守れる

飼い主の留守中にイタズラをして怪我をする犬は少なくありません。

ある程度しつけがされた犬であればその可能性も少なくなりますが、何もわからない子犬であれば大怪我をしてしまうことがあります。

サークル内は安全なので、飼い主がいない間の事故を防ぐことができます。

長時間にわたって家を留守にするのであれば、愛犬はサークルに入れておくようにしましょう。

合わせて読みたい記事はコチラ↓↓

愛犬のためのDIY(手作り)教室~犬小屋~


愛犬のためのDIY(手作り)教室~人も犬も使える虫除け~


愛犬のためのDIY(手作り)教室~おもちゃ~


次ページ:サークルを手作りするメリット

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP