2017年11月7日

愛犬のためのDIY(手作り)教室~人も犬も使える虫除け~1/4

アウトドアや散歩コースなど緑の多い場所では、体にまとわりついてくる虫が気になりますよね。それは人間だけではなく犬も同じことです。虫が多い夏はもちろん、虫がたくさんいそうな所へおでかけする際には愛犬のために虫除け対策をしましょう。

犬の虫除けグッズはたくさん販売されていますが、虫除けの効果があるアロマを利用するという方法もあります。ここでは、犬用虫よけスプレーの作り方をご紹介します。

病気のきっかけにも! 犬に虫除けが必要な理由

床に伏せて寝ているパグ 犬にとって恐ろしい病気のひとつとして、蚊によって運ばれる「犬フィラリア症」があります。寄生虫の一種であるフィラリアによって引き起こされる病気で、咳や息切れ、肝障害、腎障害、腹水、むくみなどの症状を呈します。

悪化すると重篤な症状をみせるケースもあり、フィラリアが原因で健康そうに見えた犬が突然体調を崩すこともあります。残念ながら治療法は確立されておらず、感染を予防するしかありません。

フィラリア感染を防ぐ一番の方法は予防接種ですが、虫除けを併用することで安心感が増します。フィラリアは蚊が媒介するため、蚊に刺されなければ犬フィラリア症を発症することもないのです。

予防接種や予防薬は、蚊に刺された際に侵入してくる幼虫を“心臓に達する前に駆除する”効果があります。逆に言えば“蚊の吸血を防ぐ”ことはできないため、日常的に虫除けに取り組むことでより安心できるというわけです。

犬にとって害のある虫は、なにも蚊だけではありません。ノミやダニも、愛犬に寄生させたくない危険な害虫です。少しでもリスクを減らすためにも、虫除けは必須だといえるでしょう。



アロマを使った「犬用の虫除け」の作り方

アロマオイルのボトル アロマを使った手作りの虫除けなら、愛犬が自分の身体を舐めてしまっても安心です。また、犬だけではなく人間にも使用可能です。ちゃんと注意点さえおさえておけば短時間で簡単に作れるので、ぜひチャレンジしてくださいね。

用意するもの

・アロマ精油

香りや効能を考えて選びましょう。複数のアロマ精油を組み合わせてもOKです。

・精製水

水道水よりも純度の高い水です。ドラッグストア等で購入できます。

・無水エタノール

精製水だけでも作れますが、無水エタノールを入れたほうがアロマがよく馴染みます。また、日持ちもよくなります。

・ビーカー

ビーカーは、煮沸消毒しておきましょう。消毒ができるのであれば、大体の家庭にある計量カップで代用することも可能です。

・スポイト

アロマ精油を入れるために必要です。

・スプレーボトル

100均などで売っています。できれば遮光タイプがおすすめです。

作り方

1.あらかじめ煮沸消毒しておいたビーカーに、無水エタノールを5ml入れます。
2.スポイトを使って、アロマ精油を10滴ほど入れます。
3.精製水を50ml入れます。
4.よく混ぜてから、スプレーボトルに入れて完成です!

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい


Qpet協力ドクターの紹介
カテゴリー一覧

PAGE TOP