2017年12月10日

犬同士の初対面時に注意すべきこと1/2

愛犬を散歩させる際には、時として近所の犬と出会うこともありますよね。

そのような場合に、あなたの愛犬と通りがかったよその犬とが喧嘩してしまうようなことはありませんか?

初対面での犬同士が何らの問題もないようにするための注意点を、当記事では解説していきます。

注意が必要な理由

石の地面を見つめる犬 犬を飼っていると、犬の気性は実に様々であることに気付かされるでしょう。

特に外出中であれば、よその犬と出会った際に吠えかかったり、仲良くできたり、じゃれ合ったり、無関心であったり、などといったような感じです。

また、相手の犬のお尻を嗅いだ時点まではご機嫌が良かったものの、反対に相手から臭いを嗅がれてしまえば、突如として怒り出すパターンもよくあることですよね。

このような状況が続いていけば、誤って噛み付いてしまうこともあり得ることでしょう。

犬のなかには、本気で噛み付くこともあり得るために、犬ばかりでなく相手の飼い主がケガを負ってしまうことも充分に懸念されます。

こうしたリスクを防止するためには、犬同士が初対面する際には、たとえどのような犬であろうと対策を施しておくことが望ましいといえるのです。

注意点① 犬社会に馴染んでいない犬

タオルケットに包まれる犬 普段は、大人しく慣れ親しんだ人にはおおらかな犬であろうと、初対面の際には、攻撃的になってしまうことも予測されます。

一見すれば穏やかな犬であろうと、犬社会に馴染めていない犬であれば、犬同士でのコミュニケーションが不得手であると考えられます。

犬が尻尾を振っていれば、喜んでいると捉えがちかもしれませんが、喜んでいるように見えても、尻尾の振り方が小刻みであれば、戦闘準備体制に相当する行為と解釈できるのです。

人から見て、プラスの意思表示であるように見えても、犬の意思はそうではなくマイナスの意思表示であるケースも存在します。

このような意思を正確に読み取っておくのも、飼い主の努めなのではないでしょうか。

そうすることで、未然なトラブル対策となるのです。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP