2018年11月21日

夜間救急診療にペットを連れて行く際の注意点1/2

飼っている犬の具合が急に悪くなったり、事故・ケガをしてしまったとき、一刻も早く診療してもらいたいですよね。

でもそれが夜間だった場合、いつもの動物病院は閉まっていて連れていけません。

そんなときに利用するのがペットの夜間救急診療を行っている病院です。

夜間救急診療を利用する際の注意点を事前に把握しておき、いざというときに大切なペットを守ってあげましょう。

ペットの夜間救急診療とは?

診察を受けるダックス かかりつけ医に行くことのできない夜間に、ペットの救急診療を行ってくれる病院があります。

紹介も不要で、緊急時に電話連絡をすれば迅速に救急処置を行ってくれます。

病院によっては往診を行っていたり、動物救急車を利用することもできます。

必要に応じで緊急手術を行う場合もあるなど、いざというときに頼れる病院です。

夜間救急専門でやっている病院もあれば、日中以外にも夜間の対応を行っている病院もあります。

病院によって診療できる動物が変わりますが、犬や猫は基本的にどの病院でも診療してもらえるでしょう。

診療時間は病院により異なりますのでよく確認する必要があります。

ちなみに診療料金ですが、夜間救急のため通常の動物病院より高めに設定されています。

こんなときは夜間救急診療へ

では、実際にどんな症状が現れたときに夜間救急診療を利用するのでしょうか。

たとえば、以下のような状態は緊急を要するものになります。

・異物誤飲
・嘔吐
・けいれん
・大量のよだれ
・呼吸が荒い
・事故、ケガ

など

ペットは人間と違って言葉が話せませんし、素人目には問題があるかどうかの判断がつきません。

上記のような状態以外でも、いつもと様子が違うということであれば、迅速に病院に連れて行ってあげましょう。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP