2017年6月9日

【獣医師監修】【犬の嘔吐】吐き戻しの原因と対策について1/4

監修にご協力いただきました!

2009年 日本大学生物資源科学部獣医学科を卒業、その後札幌市内の動物病院を経て

2015年 アイリス犬猫病院開院
[日本獣医循環器学会、日本獣医がん学会所属]

「愛犬が突然吐いてしまった」そんな時、どんな原因が潜んでいるのでしょうか。すぐにでも動物病院に行った方が良いのか?それとも、少し様子を見た方が良いのか、迷うことは多いのではないでしょうか。
なかでも特に迷うのは「吐き戻し」をした時だと思います。

今回は、吐き戻しとは何か?という事から、原因や治療について詳しくお話ししたいと思います。

そもそも吐き戻しってどんな状態?

犬が顔を優しく掌で包まれている様子 吐き戻しとは、主に未消化の食べ物を吐くことを指します。
「吐く」という状態には、大きく分けて3種類あり、完全に区別できないこともありますが、症状から区別をすることができれば、原因を突き止めるヒントになります。

嚥下(えんげ)障害

「嚥下障害」とは、口の中・喉元・食道の異常によって、食べ物や水の飲み込みが困難な場合や痛みを伴う様子をいいます。

吐出(としゅつ)

「吐出」とは、ケポッと吐く様子をいい、食道の内容物を吐き出すことです。
特徴としては、以下のようなことが挙げられます。

・食後すぐに吐くことが多い
・前兆の症状がみられない(涎を垂らす・口をクチャクチャするなど)
・お腹の動きを伴わない
・未消化なものがみられることが多い
・食道の形(筒状)のまま吐くことが多い

嘔吐

「嘔吐」とは、ゲボーッと吐く様子をいい、胃や腸の内容物をお腹の力を使って吐き出すことです。
特徴としては、以下のようなことが挙げられます。

・食後数分後から数時間後に吐くことが多い
・前兆の症状がある(涎を垂らす・口をクチャクチャする・落ち着きない行動をするなど)
・お腹をペコペコ動かす
・消化されたものや胆汁を吐くことが多い

一概に「吐く」といっても、それぞれに特徴など違いがあります。動物病院に行った時に、上記のポイントを参考に症状を正しく伝えてみて下さい。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP