2017年7月19日

【獣医師監修】犬の膿皮症とは?症状・治療・原因について1/4

監修にご協力いただきました!

岡田雅也先生

そら動物病院  院長

2007年帯広畜産大学卒

京都大学大学院医学研究科中途退学(在学中、臨床獣医師としてバイトを経験)

兵庫県内の動物病院で3年

愛知県内の動物病院で3年(副院長)

2015年11月8日そら動物病院開業

犬の皮膚のトラブルって意外に多いですよね。皮膚が赤くなっていたり、かきむしったり、脱毛が起きたり………。そんな皮膚のトラブルの中で多いのが「膿皮症」です。

今回は膿皮症の種類・原因・治療などについて詳しく解説していきたいと思います。

犬の膿皮症の種類

仰向けになる犬 皮膚は、表皮、真皮、皮下組織の3層に分かれます。表皮とは、皮膚の1番外側にある薄い細胞の層で、内部を守るバリアの役割を担っています。

健康な犬の表皮であれば約3週間で生まれ変わります。

真皮は、表皮の内側にあり、皮膚の大部分を占めています。血管やリンパ管、皮脂腺や毛包もこの真皮の部分に存在します。

皮下組織は、真皮の下の部分の組織で、その多くは皮下脂肪により構成されています。

「膿皮症」は、皮膚において細菌が増殖することで起こります。感染が起きている皮膚の深さによって、「表面性膿皮症」、「表在性膿皮症」、「深在性膿皮症」に分類されます。
 

表面性膿皮症

表面性膿皮症とは、皮膚内ではなく、皮膚の表面で細菌の増殖が起こっている皮膚炎です。

表在性膿皮症

表在性膿皮症とは、毛包とその付近の表皮に感染が起こっている皮膚炎です。膿皮症の中で最も多くみられます。

深在性膿皮症

深在性膿皮症とは、毛包全体や真皮・皮下組織まで感染が起こっている皮膚炎です。

表在性膿皮症と深在性膿皮症は、明確に区別することは難しいですが、感染の深さに応じて分類されます。

犬の膿皮症の症状って?

首を足で掻く犬 膿皮症の症状はさまざまです。感染がどこに起きているかによっても症状が異なります。膿皮症で多くみられる症状は以下のようなものになります。

痒がる様子がみられる

犬は皮膚病でなくても多少身体を掻きますが、膿皮症になるとかなり頻繁に掻くようになります。身体中を掻くのではなく、多くの場合、丘疹(プツプツ)やかさぶたなど、皮膚炎が起きている場所を掻きます。

丘疹が出て、徐々に増える

丘疹とは、身体にできるプツプツのことです。丘疹は毛包(毛穴のこと)の深い部分で炎症が起きている状態で、毛包に一致してみられることが多いです。

発疹部分で脱毛が起きる

感染が起きると、膿疹ができ、その後脱毛が起きる場合があります。脱毛が起きている辺縁にかさぶたができていることが多く、これを「表皮小環」と呼びます。

フケが出る

毛穴の漏斗部(毛穴の入口部分)に感染が起きると、毛穴周囲にフケが出る事があります。

皮膚に色素沈着が起きる

炎症が起きた時は、まず赤くなります。その後、その部分にメラニンという色素が沈着し、黒くなります。黒くなっていた場合、炎症が起きてから少し時間が経っていることを示しています。

足先に腫れや膿がみられる

犬の足先 足先は犬にとって非常になめやすい場所です。何か別の理由でなめ始めて、そこに感染が起きることで腫れや膿がでることがあります。

潰瘍ができる

潰瘍とは、ある程度の深さがある傷口のことをいいます。深在性膿皮症の場合、潰瘍ができることが多く、その潰瘍部分に液(浸出液)と膿がみられることもあります。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。
スポンサーリンク



PAGE TOP