2017年6月9日

【獣医師監修】犬の口臭がクサい!原因と対策法は?1/5

監修にご協力いただきました!

岡田雅也先生

そら動物病院  院長

2007年帯広畜産大学卒

京都大学大学院医学研究科中途退学(在学中、臨床獣医師としてバイトを経験)

兵庫県内の動物病院で3年

愛知県内の動物病院で3年(副院長)

2015年11月8日そら動物病院開業

愛犬の口臭が気になりませんか?ある日突然、愛犬の口の匂いが気になるようになったという飼い主さんも意外と多いようです。

自分で歯磨きができないから、口臭は仕方がないというのは大間違い!まずは犬の口臭の原因がなんなのかを知ることから始めましょう。

口臭を放っておくのは危険!?

おもちゃで遊ぶ犬 犬の口臭には、実は重篤な内臓疾患が隠れていることがあります。

口臭の原因が歯周病である場合、口臭を伴うばかりでなく、歯茎の腫れや歯のぐらつきによってドッグフードをよく噛むことができなくなってしまったり、将来的には歯が抜け落ちてしまうこともあります。

口臭は口内や内臓トラブルのサインですので、見逃さずにしっかりと対処するようにしましょう。

愛犬の健康を守る上でも「歯」はとっても大切だということも覚えておきましょう。

口臭の原因はさまざま

犬と猫
犬の口臭には、大きく分けて2つの原因があります。歯垢や歯石が溜まっていて歯が汚れている場合と、内臓が原因の口臭です。

原因はどうやって見分けるの?

簡単な見分け方はガーゼで犬の歯を拭き、におわなければ歯が原因ではない可能性が高いといえます。その場合、胃や腎臓、肝臓の調子が悪いなどが考えられます。

歯の汚れが原因の場合、そのほとんどは生活習慣が要因となっていることが多いので、まずは生活習慣の見直しからはじめましょう。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP