2017年6月13日

【獣医師監修】もし愛犬が血便をしたら!?原因と対処法1/4

監修にご協力いただきました!

岡田雅也先生

そら動物病院  院長

2007年帯広畜産大学卒

京都大学大学院医学研究科中途退学(在学中、臨床獣医師としてバイトを経験)

兵庫県内の動物病院で3年

愛知県内の動物病院で3年(副院長)

2015年11月8日そら動物病院開業

犬の便を見た時に血が付いていると驚きますよね。

血便が出る理由はさまざまで、中には緊急性があるものもあります。

ご自宅で血便を見た時に、その血便が「様子見」でいいものなのか、急いで動物病院に連れて行った方が良いものなのか、血便の原因をお話するとともに、見極めるポイントをお話します。

まずは愛犬の様子や血便の状態をチェック!

“血便”といっても色々な種類があり、直後の犬自身の様子もさまざまでどちらも原因特定の判断材料となります。

便の状態だけでなく、犬の様子もしっかりチェックしておきましょう。

犬の便の状態は?

エサを食べるラブラドール
口から食べ物が入ると、胃である程度消化され、小腸でさらに細かく消化していきます。

その時に栄養素や水分が吸収され、大腸で吸収しきれなかった栄養素や水分を吸収することで、固形のものが作られます。

その後、ある程度の時間大腸に溜まり、身体の外に便として排出されます。この過程のどこかに異常があることで血便が出ます。

“血便”には、便の周りに鮮血が付いている場合、便の中に鮮血が混じっている場合、便全体が赤黒くなっている場合などがあります。

<便の周りに鮮血が付いている場合>

大腸の後半から肛門の間に出血する原因がある可能性が高いと言えます。このような場合、便は正常な形をしているケースが多いです。

<便の中に鮮血が混じっている場合>

小腸の後半から大腸の前半部分に原因がある可能性が高いでしょう。

このような便の場合、便は形になっておらず、泥状や水様性になっていたり、何度もトイレに行くような素振りがみられたりすることが多いです。

<便全体が赤黒くなっている場合>

胃から小腸の前半部分に出血の原因がある可能性が高いです。上部消化管で起こった出血が消化管を通過する間に酸化し、赤黒くなります。

犬の様子

愛犬を撫でている飼い主の手
  • 元気はあるか?
  • 食欲はいつも通りか?
  • 吐き戻しはあるか?

血便の他に、上記の様な症状があるか確認しておきましょう。

このような症状が見られる場合は、時に重篤な病気の可能性や、早めに治療しないと悪化する場合もあるので、早めに動物病院で診てもらう必要があります。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP