2018年1月26日

【獣医師監修】子犬の食糞!うんちを食べる理由や考えられる病気1/3

監修にご協力いただきました!

小竹正純先生

多摩獣医科病院  院長

2002年麻布大学獣医学部獣医学科卒業

2006年多摩獣医科病院 勤務

2016年多摩獣医科病院 院長就任(現在に至る)

[川崎市獣医師会、日本小動物歯科研究会、再生医療研究会所属]

愛犬が排泄後うんちを食べる姿を見てしまったら、驚いてしまいますよね。

この食糞行動には、色々な原因があります。

そしてそれは、簡単に改善できることだったり、日々の生活の中の意外な問題点に気づかされるきっかけになったりもします。

食糞に悩まされている場合は、愛犬の行動をよく観察し、まずは解決への糸口を見つけて下さい。

子犬が食糞する4つの理由

木の枝で遊ぶ2匹の子犬 子犬が食糞するのには、理由があります。大きく分けると、4つの原因に分けられます。

(1)食事の問題、(2)行動学的な問題、(3)生理的な問題、(4)病気の問題です。

(1)食事の問題

愛犬が食べている食事や食生活に問題があることがあります。

空腹

身体に必要なカロリーを摂取できていないと“空腹”状態になります。

その空腹を補うために、うんちを食べてしまうことがあります。

消化の悪い食事

きちんと食事をあげていても、その食事の質が悪かったり、食事が愛犬に合わなかったりする場合、うんちは未消化な状態で排泄されてしまいます。

そのようなうんちが、子犬にとって「まだ食べられるもの」という認識になってしまっている可能性があります。

食事量が多すぎる

食事量が多いと、消化がしっかりとできない場合があります。

そのような食事だと、うんちは未消化な状態になっているので、こちらも子犬にとって食べ物という認識になる可能性があります。

栄養素が偏っている

食事内の栄養素、特にビタミンやミネラルに偏りがある場合、栄養バランスをとるために食糞をすることがあります。

(2)行動学的な問題

カーペットで遊ぶ白い子犬

飼い主の気を引こうとしている

以前、うんちをした時の飼い主の反応が愛犬にとって嬉しいものだった場合、「また反応してほしい」という意思が働いている可能性があります。

例えば、食糞をした時、飼い主が「キャー、やめて!!」と興奮するような反応をした場合、飼い主としては不快を示したつもりかと思いますが、犬にとっては“飼い主が喜んでいる”と捉えてしまうのです。

欲求不満や退屈

子犬の時は非常に好奇心が旺盛です。

そういう時期に、一人での留守番が多いなど、犬にとって退屈な環境があった場合、うんちで遊んだ結果食糞をする可能性があります。

うんちを飼い主から隠そうとしている

うんちをした時に飼い主に怒られた記憶がある場合、「うんちをする事は悪いこと」という認識になっているかもしれません。

なので、愛犬は怒られないために自ら食べることで処理をしている可能性があります。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP