2017年6月13日

【獣医師監修】愛犬を熱中症から守るには~症状・原因・対策~1/4

監修にご協力いただきました!

櫻井洋平先生

BiBi犬猫病院  院長

2008年3月 麻布大学獣医学部獣医学科卒業

2008年4月〜2013年11月 横浜市内動物病院勤務

2011年4月〜2015年3月 麻布大学附属動物病院 腎泌尿器科・外科 専科研修医として研修

2013年12月〜2015年5月 千葉県内動物病院勤務

2015年7月〜2016年2月 宮城県内動物病院勤務

2016年11月〜 仙台市にBiBi犬猫病院を開院

熱中症(または日射病、熱射病)は夏の暑い時期に増える病気です。

犬は発汗による体温調節ができないため、飼い主の皆さんがしっかりと管理する必要があります。

例えば、いつも通りの散歩コースを歩いているだけでも、条件によっては突然体調を崩してしまうケースもあるのです。

犬の熱中症の主な症状

体調が悪そうなジャックラッセルテリアを撫でている女性

熱中症が疑わしい症状

  • 浅くペースの速い呼吸(パンティング)
  • 粘膜部分の充血
  • 足取りがフラつく
  • 大量のよだれ
  • 体のふるえ
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 血尿、血便
  • 痙攣(けいれん)

人間が暑さを感じた際は発汗により体温調節をするのに対し、犬は口呼吸(パンティング)で体内の熱を逃がそうとします。

それだけでは放熱が追い付かないほど体内に熱がたまってしまうことで、内蔵の動きが鈍くなるなどの障害を引き起こした状態を熱中症といいます。

次に、症状の段階に分けて細かくご説明していきます。

熱中症の初期症状【危険度★★★☆☆】

  • 浅くペースの速い呼吸(パンティング)
  • 粘膜部分の充血
  • 足取りがフラつく
  • 大量のよだれ

軽く運動をしたり高温多湿な環境にいたりすれば、犬は体温調節のために「ハッハッ」と口呼吸(パンティング)を始めます。

パンティングは日常的にみられる行動なので、熱中症か否かの判断は難しいもの。

健康体の場合は、パンティングで逃がしきれなかった熱を処理するためにお水を飲んだり、ひんやり冷えた場所に体を寄せたりといった行動をすることで、パンティングは徐々に落ち着いていきます。

しかし、呼吸の荒さが落ち着かない時は熱中症を疑いましょう。

熱中症は重症化すると死に至るケースもあるので、初期症状だからと軽視せず、すぐに動物病院に行くことをおすすめします。

上記のような初期症状を見逃して重症化してしまった場合、次のような症状が現れ始めます。

熱中症が重症化した時の症状【危険度★★★★★】

  • 体のふるえ
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 血尿、血便
  • 痙攣(けいれん)

最初に触れたように、高体温はさまざまな臓器の働きに障害を引き起こします。

熱中症により腎臓に負担がかかり、「尿の出が悪くなる」「血尿が出る」といった症状が現れている場合は、非常に危険な段階にはいっているといえます。

この段階までくると死亡率も高くなるため、迷わず動物病院へ行くようにして下さい。

連れて行くまでの道中も、出来る限り身体を冷やす工夫をするようにしましょう。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。
スポンサーリンク



PAGE TOP