2017年7月10日

【獣医師監修】犬の認知症の症状とは?予防や治療法について1/3

監修にご協力いただきました!

鎌田健太郎先生

こもれび動物病院  院長

日本大学 生物資源科学部獣医学科獣医生化学研究室 卒業 

2015年 こもれび動物病院を開院

[日本獣医がん学会所属 日本獣医麻酔外科学会所属 日本レーザー獣医学研究会所属]

予防接種で対策できる感染症が増え、食事の品質が向上したという背景などによって、犬の寿命も大きく伸びました。大切な愛犬との生活がより長くなるのは非常に嬉しいことですが、それと同時に“犬の認知症”という新たな問題が起こりました。

実際に認知症を発症する年齢は犬種や体格によって様々ですが、平均的には12歳から発症することが多いといわれていて、特に柴犬をはじめとした日本犬に多くみられます。

犬の認知症でみられる5つの症状

一緒に寝る犬と猫
見当識障害
社会性や周囲環境とのかかわりの変化
睡眠―覚醒周期の変化
活動量や内容の変化
不適切な排泄

犬の認知症を特定する検査は今のところありませんが、次の項目のなかでいくつか該当するものがあれば、「認知症の可能性あり」とされます。

見当識障害

例)
・家の中で迷子になる
・自分の寝床に戻れなくなる
・慣れた散歩コースでも戸惑うようになる(道を忘れる)
・部屋の角にはまり込み方向転換(後退)ができなくなる

社会的相互作用の変化

例)
・慣れた人間、知り合いの犬と遊ばなくなる
・多頭飼いの場合、そのパートナーと遊ばなくなる
・飼い主のもとに来なくなる(呼びかけに反応しない)
・物音や接触などの刺激に敏感になる

睡眠サイクルの乱れ

例)
・昼夜が逆転し、夜中に起きていたりする
・夜鳴きをする

しつけ・活動性

例)
・訓練でできていたことが突然できなくなる
・家の中を目的もなく徘徊する
・同じ場所をクルクル回る

食事と排泄

例)
・食欲が増加したり減少したりする(いずれにせよ極端になる)
・粗相をくりかえす

これらの症状は加齢に伴い徐々に脳機能が衰え、認識機能が低下することで発症します。まず飼い主が異変に気づくのは、1日中ボ~っと一点を見つめ飼い主の呼びかけに反応しなくなることから「おかしいな」と思うことがあるようです。

認知症に限らず、愛犬が高齢になるにつれて、どうしても身体的な異変やこれまでになかった症状が現れることがあります。他の病気の可能性も含めて、まずは獣医師に相談することが大切です。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP