2018年1月18日

【獣医師監修】すぐに水で冷やす!犬がやけどをした際の応急処置について1/4

監修にご協力いただきました!

2002年麻布大学卒業

2002年目黒区の病院に勤務

2008年中央区の病院に勤務

2012年大田区の病院に勤務

2016年大田区西蒲田にてマリア動物病院開院

やけどはすぐに患部を冷やしたか否かでその経過も大きく変わります。

「愛犬がやけどをしてしまったかも!」と思ったら、飼い主はどのような処置をすればよいのか、ご自宅でできる範囲の応急処置法についてお話しします。

【読み進める前に!】愛犬のやけどが疑われる時点ですぐに水を!

飼い主にシャワーをかけてもらう犬

とにかく患部を冷水などで冷やす

愛犬がやけどをしたかもと思ったら、まず第一に患部に「冷水」をかけます。

犬は被毛で覆われているため患部を探しにくいかもしれませんが、痛みを感じていると犬は反射的に患部を舐めます。

皮膚が少し抜けていたり、患部が赤くなっていることもあるので、それらの場所を重点的に冷やすようにしましょう。

冷水のシャワーを直接、患部に当ててもいいですし、氷のうや保冷剤で患部を冷やすのも有効です。

この時、被毛をかき分けてできるだけ患部だけを冷やすようにしましょう。

これで皮膚組織へのダメージを軽減することができます。

冷やす時間の目安は10分です。10分経ったら水分をやさしく拭き取り、ガーゼなどで覆って(消毒や軟膏などは塗らず)早急に近くの動物病院へ連れていきましょう。

やけどが発覚した時点では、とにかくこの「患部を冷やす」という行動が第一になります。

飼い主さんが火傷の重症度を見分けるのは困難ですので、必ず獣医師に診てもらいましょう。

動物病院での診察までにできること(病院への連絡)

「やけどを負った(かもしれない)」「今から○○分ほどで向かう」など、やけどの深刻さに関わらず、この2点は事前に伝えておいた方がいいでしょう。

到着するとお休みだった、混んでいてスムーズに診察をうけられなかった、といった事態を避けやすくなります。

動物病院での診察までにできること(患部の処置)

皮膚の赤みだけの場合

保冷材などを患部にあて、包帯や伸縮性のある清潔な布で固定しておく

水ぶくれがみられる

患部を乾燥させないよう、生理食塩水を含ませたガーゼなどをあてておく

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP