2018年2月1日

【獣医師監修】犬の睡眠時間はどうして長い?1/3

監修にご協力いただきました!

櫻井洋平先生

BiBi犬猫病院  院長

2008年3月 麻布大学獣医学部獣医学科卒業

2008年4月〜2013年11月 横浜市内動物病院勤務

2011年4月〜2015年3月 麻布大学附属動物病院 腎泌尿器科・外科 専科研修医として研修

2013年12月〜2015年5月 千葉県内動物病院勤務

2015年7月〜2016年2月 宮城県内動物病院勤務

2016年11月〜 仙台市にBiBi犬猫病院を開院

「最近、愛犬の睡眠時間が長い気がする……」

「睡眠時間が長くて大丈夫かしら?」

このように、犬の睡眠時間が長いことを不安に感じている飼い主の方もいらっしゃるかと思います。

そこで今回は、犬の平均睡眠時間について、そして犬が長時間寝る理由についても含めてご紹介したいと思います。

犬の睡眠時間の平均は?

ベッドで丸くなってジャックラッセルテリア

人間と犬の平均睡眠時間


・人間:7~8時間
・犬 :11~15時間

並べると非常に長く感じますね。さらに、年齢によっても睡眠時間は異なります。

成犬の睡眠時間

健康な成犬の平均睡眠時間は11時間くらいと言われています。

これは人間よりも5時間以上も長く、1日の半分近くを寝て過ごしていることになります。

また犬種によっても睡眠時間は異なり、チワワやダックスフントなど、小型かつ活動的な犬種は10~11時間くらいが平均的です。

ポメラニアン、トイプードルなどのさらに活発な犬種は比較的長く12~18時間寝る犬も珍しくないそうです。

逆に、もともと番犬や作業犬として活躍してきた柴犬は9~10時間と若干短め。他の犬種よりも、柴犬は比較的体力があるのかもしれませんね。

子犬の睡眠時間

子犬の場合は、16~18時間と成犬に比べて長めですが、1歳を迎える頃から徐々に睡眠時間が短くなってきます。

また子犬の場合は、好奇心からチョコチョコと動き回ったり、体力がまだないために長い睡眠時間が必要となります。

老犬の睡眠時間

老犬も子犬と同様に16~18時間と長めです。

老犬は疲労回復に時間がかかるため、ご飯やトイレ以外は寝ている、なんてこともよくあります。

これまでは日中よく遊んでいたのに「最近は寝てばかりいて大丈夫かしら?」と心配する飼い主さんもいるかと思いますが、加齢によって睡眠時間が増えるのは特に心配しなくても大丈夫そうです。

犬が寝ているときは無理に起こしたりせずに、ゆっくりと休ませてあげるようにしましょう。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい


Qpet協力ドクターの紹介
カテゴリー一覧

PAGE TOP