2017年6月9日

【獣医師監修】犬の目が赤くなる原因と考えられる病気1/4

監修にご協力いただきました!

岡田雅也先生

そら動物病院  院長

2007年帯広畜産大学卒

京都大学大学院医学研究科中途退学(在学中、臨床獣医師としてバイトを経験)

兵庫県内の動物病院で3年

愛知県内の動物病院で3年(副院長)

2015年11月8日そら動物病院開業

愛犬の目が赤くなっている場合、原因によって自宅でのケアや対処法、動物病院での治療法は異なります。

マズル(鼻)が短い犬種や目が出ている犬種は、眼球に傷がついたり目のケガが多いので特に注意が必要です。

今回は、犬の目が赤くなっている時の原因と考えられる病気について解説していきます。

犬の目が赤くなる原因

ダックスが飼い主に抱きしめられている様子

外部からの刺激によるもの

例)
・ゴミやほこりが入った
・刺激物(人が使う殺虫剤やスプレーなど)に対する反応

病気による目の充血

眼の表面が赤い場合(充血や血管新生)

・逆さ睫毛、できもの(腫瘤)、異物など角膜に対する刺激
・アレルギー
・結膜炎
・角膜潰瘍
・角膜炎
・乾性角結膜炎(ドライアイ)
・ぶどう膜炎
・緑内障   など

眼の中が赤い場合(眼内出血)

・先天性(コリーアイ異常など)
・角膜穿孔
・重度のぶどう膜炎
・緑内障
・白内障
・腫瘍
・網膜剥離
・眼底出血   など

このようにただ一言で目が赤いといっても考えられる病気はたくさんあります。

経過を観察していても大丈夫な症状から放置していると症状が悪化して失明してしまう病気と様々です。

次に病気別の症状について細かくご説明します。

合わせて読みたい記事はコチラ↓↓

【獣医師監修】犬の目やにの原因と正しいケア方法


【獣医師監修】犬の目から涙が出ている~流涙症(涙やけ)の原因・対処法~


次ページ:病気別の症状について

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP