2018年1月27日

【獣医師監修】もしかして病気? 犬が足を引きずる理由1/4

監修にご協力いただきました!

東京都立川市出身

国学院大学久我山高校 卒業
麻布大学獣医学科 卒業

国立市ふく動物病院 勤務
日本獣医皮膚科学会 所属
東京農工大学皮膚科 研修医
渋谷区 SHIBUYAフレンズ動物病院 院長

「足を引きずっている」「いつもなら走り回るのに、今日は大人しい」「最近なんだか歩き方が変わった」「片足だけ地面につけずに歩いている」「フラフラしながら歩いている」このように、ドッグランや散歩中などに、犬の歩き方がふと気になったことはありませんか?

歩き方に不自然な点がみられる場合、足腰に何らかの病気を患っている可能性があります。

今回は、このようなときに考えられる疾患やトラブルについてまとめてみました。

犬が足を引きずる原因とは?

飼い主と犬の足

怪我をかばっている

犬は常に裸足で歩いている状態です。

お散歩の途中で、肉球にガラスの破片や植物のトゲが刺さるということも考えられます。

また肉球の間に小石が挟まった、ダニがついている、真夏の熱いアスファルトを歩いて火傷を負ってしまったときなどは、痛みによって歩き方がいつもと違うようになることがあります。

お散歩から帰ってきてからも、しきりに足の裏を気にしている、出血している、足を地面につけて歩きたがらないなどの症状が見られるようであれば、怪我の可能性が疑われます。

もしもこのような症状がある場合は、傷口を消毒する、火傷がある場合はアイシングをするなどの応急処置をし、早急に動物病院を受診することをおすすめします。

どんなに小さな傷でも舐め続けることで雑菌が入るなど、症状が悪化する可能性があるので放置はしないようにしましょう。

早めに治療をすれば、ほとんどが完治します。

病気

足腰の関節が原因で起こる症状だった場合、ほかにも不調が隠れている可能性があります。

詳しい病気や症状については、次の章でご紹介します。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP