2019年2月12日

【獣医師監修】愛犬のいびき、可愛いけどこれって病気じゃないの?犬がイビキをかく原因や理由とは?1/3

愛犬が「ガー、ガー」といびきをかいていたら、心配になることってありませんか?

愛くるしい姿ではありますが、大きくなってから突然いびきをかくようになった子であれば病気が隠れている可能性だってあります。

いびきについて正しい知識をつけておきましょう。

犬がいびきをかくメカニズム

臭いを嗅ぐ犬 人も犬も、呼吸をする時は口や鼻から空気を吸い込みます。

その空気は気管を通って肺に入っていき、再び、気管を通って口や鼻から出ていきます。

この空気の通り道を“気道”と言います。

この気道が何らかの原因で狭くなり、狭くなった気道を空気が通った時に「いびき」が生じます。

犬がいびきをかく原因となる5つの要素

メカニズムのところでもお話ししたように、原因は「気道が狭くなること」です。

ここでは、気道が狭くなる原因を5つお話します。

肥満体型

床に伏せる犬 肥満体型の犬は、当然ながら首周りにも脂肪がついています。

気道の周りに脂肪がつくことで、気道が狭くなり、いびきをかきやすくなります。

生活環境

犬のそばでタバコを吸っている人がいたら、それが愛犬のいびきの原因になっているかもしれません。

タバコは、粘膜に刺激を与える物質です。

タバコにより分泌物が過多になり、それが原因でいびきをかくケースもあります。

短頭種

パグ、フレンチブルドック、ボストンテリア、ペキニーズ、シーズーなどの鼻が短い犬種を「短頭種」といいます。

短頭種気道症候群という、外鼻孔狭窄(※1)、軟口蓋過長(※2)、反転喉頭小嚢(※3)を原因とする呼吸器に異常をきたす病気があります。

これらは、短頭種に好発し、いびきの原因となります。

(※1)外鼻孔狭窄…鼻の穴とそれに続く鼻腔が狭くなっている状態です

(※2)軟口蓋過長…口腔天井あたりから鼻腔に向かって伸びている、口腔と鼻腔を分けている部分「軟口蓋」が、通常の犬よりも長い状態です

(※3)反転喉頭小嚢…喉頭小嚢という部分が外に反り返ってしまう状態です

「短頭種」以外の好発犬種

「いびきをしやすい犬種」としては、短頭種が一番多く挙がります。

しかし、短頭種以外にも、ポメラニアン、トイプードル、ヨークシャテリアでもみられることもあります。

これらの犬種は、気管虚脱などの好発犬種であり、それらが原因でいびきをかくことがあります。

病気

病気の症状のひとつとして、いびきがでているケースもあります。

下記はいびきの原因となりやすい病気です。

各病気の詳細や治療法については後述しますので、病気の可能性を疑う方はそちらを参考にしてください。

<考えられる病気>
・短頭種気道症候群
・気管虚脱
・気管の低形成
・腫瘍

次のページ:愛犬のいびきが「病気か否か」を見分けるポイント

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP