2018年1月20日

【獣医師監修】歯周病だけじゃない?犬の歯が抜ける原因と対処法1/3

監修にご協力いただきました!

小竹正純先生

多摩獣医科病院  院長

2002年麻布大学獣医学部獣医学科卒業

2006年多摩獣医科病院 勤務

2016年多摩獣医科病院 院長就任(現在に至る)

[川崎市獣医師会、日本小動物歯科研究会、再生医療研究会所属]

愛犬の歯がポロリと抜け落ちた!

子犬(月齢6ヶ月~1歳くらい)なら生え変わりの可能性が高いですが、成犬でそんな場面に遭遇すると動揺しますよね。

成犬なのに歯が抜ける理由のほとんどは「歯周病」と「破折・咬耗」のどちらかです。いずれの理由でも早めに動物病院で診察を受ける必要があります。

健康な歯が抜けたなら「破折・咬耗」かも

柴犬の歯

健康な歯の特徴

歯肉の色が薄めのピンク

人間と同様に歯茎が健康である場合は、歯肉は薄いピンク色をしています。

歯肉の色が均一

健康な犬の歯肉の色は均一です。

もし、歯と歯肉の付け根の部分が赤くなっていたり腫れているような場合は、歯肉炎の可能性があります。

歯ブラシをかけても出血しない

健康な歯茎は、歯ブラシでブラッシングしても出血しないのが通常です。

もし歯肉炎や歯槽膿漏を発症している場合は、歯茎からの出血がみられるようになります。

歯ブラシをした際に、出血がみられるようであればこれらの病気の可能性があります。

口臭がない

健康な犬は口臭がありません。

もし少しでも口臭がある場合は、口腔内の異常によるものと考えられます。

上記に挙げたように、健康な状態であるのに、歯が折れてしまったようであれば破折や咬耗の疑いがあります。

また、歯の健康状態が悪いようであれば歯肉炎や歯周病など口腔内の異常を疑いましょう。(※歯周病の詳細については次の章で触れています)

破折・咬耗(折れる・擦り切れる)が起きる理由

草に鼻を近づける犬

硬いものを長時間噛んでいる

犬は噛む力が強いため、木や骨など固い物をおもちゃ代わりに噛んでいると、顎の力がそのまま歯にかかってしまいます。

そして、噛む力に比例して歯の強度も高い、というわけでもないのです。

最近では、デンタルケアの一環として牛のアキレスなどの固いおやつを与える飼い主さんもいますが、実はこれも歯の破折に繋がることがありますので与える際には十分に注意しましょう。

おもちゃが歯の“やすり”になってしまう

毛足の長いおもちゃ(硬式テニスボールなど)を野外で使うことで、毛の間に砂利が入り“やすり”のように歯を削ってしまう場合もあります。

屋内、屋外で同じおもちゃを使って遊んでいる場合は、屋外での使用後にしっかりおもちゃを洗ってあげましょう。

意外と犬の歯は脆い!

犬の歯はあまり強くなく、特に臼歯はハサミのような形状になっているため、力のかかり具合によっては簡単に割れたり欠けたりすることがあります。

さらに歯を覆っているエナメル質が、犬はなんと人間の歯の1/5程度しかないのも脆さの原因となっているようです。

歯の破折・咬耗は“怪我”です

もしも愛犬の歯が破折や咬耗を起こしてしまった場合は、必ず動物病院を受診しましょう。

破折や咬耗によって、歯の中にある血管や神経の通っている軟らかい組織である歯髄(しずい)が露出してしまうと、出血や激しい痛みを伴います。

また歯髄が露出している部分は菌が入りやすく、根尖膿瘍(こんせんのうよう)などの感染症を起こす可能性もあります。

口内のトラブルは見つけにくいこともありますので、急に大好きなおやつを食べなくなった、食欲がない、口内に出血が見られるような場合は、必ず動物病院で診てもらうことをおすすめします。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP