2017年6月13日

【獣医師監修】犬の元気がないときの理由や考えられる病気とは1/4

監修にご協力いただきました!

2009年 日本大学生物資源科学部獣医学科を卒業、その後札幌市内の動物病院を経て

2015年 アイリス犬猫病院開院
[日本獣医循環器学会、日本獣医がん学会所属]

いつも元気な愛犬が、急に元気がなくなったら…飼い主としては心配ですよね。

食欲がないわけでも、下痢や嘔吐をするわけでもないけど、いつもと様子が違うという場合、そこには何か原因があるかもしれません。

そんな犬からのSOSを感じたら早期に対処しましょう。原因が体調不良の場合や、それ以外にもストレスなどが原因となることもあるようです。

今回は「犬の元気がないときの理由」と症状から考えられる病気についてご紹介します。


スポンサーリンク

アニコムバナー①

「元気がないかも?」まずは犬をよく観察しましょう

ゴールデンレトリーバーの顔を覗き込む女性
犬の元気がなくなったのは、いつ頃からでしょうか?急に暑くなったり湿気の多い時期が続いたり。

極端な気候の変化や、何かストレスの原因となるようなことはありませんでしたか?

人間がストレスを感じるのと同じように、犬もさまざまな場面でストレスを感じます。

また、病気が原因となっている場合もありますので、歩き方に変化がないか、体を触ってみて痛がる部分がないか、口、目、耳なども含めて全身をよくチェックしてみましょう。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。
スポンサーリンク

アニコムバナー①


Qpet協力ドクターの紹介
カテゴリー一覧

PAGE TOP