2018年1月9日

【獣医師監修】犬のフィラリア症について~原因・症状・治療~1/3

監修にご協力いただきました!

東京都立川市出身

国学院大学久我山高校 卒業
麻布大学獣医学科 卒業

国立市ふく動物病院 勤務
日本獣医皮膚科学会 所属
東京農工大学皮膚科 研修医
渋谷区 SHIBUYAフレンズ動物病院 院長

春にワクチン接種のために動物病院に行く際、フィラリアの予防も一緒にする方は多いのではないでしょうか。

数十年前までは、フィラリアで命を落とす愛犬も少なくありませんでしたが、今では薬によって予防できる病気の一つになりました。

今回は、このフィラリア症について詳しくお話します。

犬フィラリア症とは?

はてなマークと犬 犬フィラリア症とは、フィラリア(糸状虫)という寄生虫の一つである犬糸状虫(学名:Dirofilaria immitis)が犬に感染することで循環器にさまざまな影響を及ぼす病気です。

犬糸状虫は、乳白色でそうめんのように細長く、平均の大きさはオスで17.2mm、メスで27.8mmほどの寄生虫です。

主な宿主(寄生される動物)は、肉食目のイヌ科(犬、キツネ、タヌキなど)、ネコ科(猫、ヤマネコなど)、イタチ科(フェレットなど)ですが、人から検出された例もあります。

犬糸状虫は、主に肺動脈(心臓から肺に向かう大きな血管)と右心室(肺に血液を送る心臓の大きな部屋)に寄生しますが、右心房(全身の血液が心臓に還ってくる心臓の部屋)と大静脈(全身から心臓に血液が還る時の大きな血管)などから虫体がみつかることもあります。

フィラリア症の診断方法

フィラリア症の診断は、血液検査です。成虫の抗原を検出する方法と、ミクロフィラリア(子虫)を検出する方法があります。

もし、陽性だった場合は、状態を把握するためにレントゲン検査やエコー検査が行われます。


フィラリア症で見られる症状

体の中が写った犬のイラスト 犬フィラリア症は“心臓や血管に虫体が寄生すること”を指し、その影響でさまざまな症状が現れます。

初期症状

・軽い咳が出る
・激しい運動ができなくなる
・少し元気がなくなり、散歩を嫌がったりするようになる

この時期は、食欲は普通にあったり、遊ぶ元気もあったりなど、体調の変化に飼い主が気付かないケースも多いです。

中期症状

・慢性的に咳が出る
・元気や食欲が無くなる
・散歩などの運動を嫌がるようになる

この時期には、飼い主から見ても犬の体調不良が目に見えて分かるようになります。

この段階で適切な対応ができているか否かが重要なポイントとなります。

末期症状

・元気や食欲がなくなる
・呼吸が苦しそうになる
・腹水がたまる
・運動した時に、失神する
・主要な臓器(心臓・肝臓・腎臓・肺など)が機能不全になる

この時期は既に“命に関わる重篤な症状が出る段階”だと考えて下さい。

大静脈症候群

・血色素尿(コーラ色の尿)
・咳
・呼吸困難
・散歩などの運動を嫌がるようになる
・低血圧

「大静脈症候群」とは、肺動脈に寄生していた虫体が「右心房」や「右心房と右心室」に突如移動し、全身状態が急激な悪化を起こす状態です。

発症のきっかけは不明ですが、何らかの原因で虫体が移動することで起こります。

肺動脈に寄生している時には症状がなかったとしても、右心房あるいは右心房と右心室に移動すると、心臓の拍動に伴って、虫体がワサッと団子状に動きます。

これにより、循環不全が起こります。

今まで症状があまり無かったのにも関わらず、突然このような症状が見られた場合、「大静脈症候群」になっている可能性があります。

このような状態になっている場合は緊急な対応が必要になることが多いので、すぐ動物病院で診てもらって下さい。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP