2018年3月15日

犬と猫は仲良し?!仲良く過ごすコツとそれぞれの性格や習性について1/2

犬も猫も可愛いですが、性格も習性もまったく違う動物。

飼い主が気をつけてあげないと、仲良しにはなりません。

犬と猫が仲良く同居できるかどうかは、飼い主の腕ひとつにかかっているのです。

犬と猫は仲が良いか?

フードを食べる犬と猫 元々犬と猫は、仲が良いとは言い切れません。

犬は狩猟犬や牧羊犬など、人間の仕事の手伝いをしてきました。

人間の同僚と友達をかねたような存在です。

猫は愛玩動物として、自由気ままにふるまいながら、人間と同居します。

人間の友達として、気持をなごませたり、励ましたりする存在です。

犬と猫は性格が違いすぎるので、会わせただけでは仲良くなりません。

犬と猫の同居が成功するには、飼い主が仲良くなるきっかけを作ることが大切です。



犬と猫の習性、性格

犬と猫の習性や性格は、まったくの逆といってよいほど違います。

寝る時間や遊び方、好きなことも全く違うために、仲良しになりにくいのです。

犬と猫の習性の違い

フードボールの前に立つ犬 夜行性ではない。夜は寝て、昼は遊んだり、活動する。

広い場所を歩いたり走ったり、物をかじる遊びが好き。

集団生活に慣れているため、自分だけが家に残されると当惑する。

前足を伸ばす猫と犬 夜行性。朝や夕方だけ活動する。1日の中で、寝ている時間が長い。

高さや立体感のある場所で、上下に移動して遊ぶのが好き。

孤独を好むので、自分だけ家に残されても、なにも困らない。

犬と猫の性格の違い

スリッパを履く犬 自分の家はテリトリー、飼い主はテリトリーのリーダーと考える。

集団生活や上下関係を好み、リーダーに従うことで安心する。

見慣れない人間を警戒したり、近づいたり、コミュニケーションを取ろうとする。

フードボールを前にした犬と猫 自分一人で、自由に行動するのを好む。プライドが高く、束縛されるのが嫌い。

きれい好き。自分の身体やテリトリーを清潔に保とうとする。

見慣れない人間には近づこうとしない。人間が近づくと逃げる。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、ペットとの暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


 

合わせて読みたい


Qpet協力ドクターの紹介
カテゴリー一覧

PAGE TOP