2017年11月25日

読めば解決!ラブラドールレトリーバーとゴールデンレトリーバーを判別する3つのポイント1/4

近年はトイプードルやチワワなどの小型犬が人気ランキングの上位を占めていますが、大型犬のなかでもラブラドールレトリバーやゴールデンレトリバーは根強い人気を誇っています。

フレンドリーな性格と頭のよさから、飼いやすい犬種としても有名ですね。

「ラブラドールとゴールデンのどちらかをお迎えしたいけれど、違いって毛並みだけ?」と気になっている方もいることでしょう。

ここでは、ラブラドールレトリバーとゴールデンレトリバーの見分け方や共通点、相違点などについてまとめました。


スポンサーリンク

アニコムバナー①

ラブラドールレトリバーとゴールデンレトリバーの歴史

ラブラドールレトリバーとゴールデンレトリバーが血縁関係にあると思っている方が多いようですが、実はこの二種の起源はまったく異なります。

まずは、各犬種の起源や歴史からみていきましょう。

ラブラドールレトリバーの歴史

水辺を走る白いラブラドールレトリバー ラブラドールレトリバーの祖先犬であるセント・ジョンズレトリバーは、カナダのニューファンドランド半島に住んでいたと考えられています。

セント・ジョンズレトリバーは現在のラブラドールレトリバーと同様に泳ぎが得意で、毛色は黒のみだったそうです。

カナダ生まれのセント・ジョンズレトリバーがイギリスに持ち込まれたのは、1820年頃のことです。

カナダを訪れたイギリスの貴族が持ち帰ったといわれています。

イギリスにわたったセント・ジョンズレトリバーは、イギリス貴族によって交配が繰り返されました。

その結果、19世紀末頃には現在のラブラドールレトリバーに近い姿になっていたといわれています。

友好的で明るい性格や頭のよさ、作業能力の高さなどから、ラブラドールレトリバーやイギリスやアメリカで一気に人気犬種となりました。

その後は世界に広がり、日本でも多くの家で家庭犬として愛されています。

ゴールデンレトリバーの歴史

花をくわえているゴールデンレトリバー ゴールデンレトリバーの歴史は明らかになっておらず、その起源については諸説あるようです。

数ある仮説の中で最も有力なのは、19世紀半ばにイギリスのツィードマウス卿が飼っていた犬がゴールデンレトリバーの祖先だという説です。

ヌースという名前のその犬は、兄弟犬の中で唯一イエローの毛をもっていました。

この犬をベースにツィード・ウォーター・スパニエルやブラッドハウンド、アイリッシュ・セッターなどと交配を繰り返し、現在のゴールデンレトリバーになったといわれています。

1920年には、イギリスのケネルクラブにその名前が登録されました。

現在では、誰もが知る世界中で人気の犬種となっています。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。
スポンサーリンク

アニコムバナー①


Qpet協力ドクターの紹介
カテゴリー一覧

PAGE TOP