2017年12月5日

パピーパーティーとは?愛犬同士が触れ合うメリットと注意点まとめ1/2

パピーパーティーのパピーは子犬のこと、つまりパピーパーティーとは子犬そして飼い主が集まって学ぶ学習の場です。

犬にとっての保育園のような場所と考えるとわかりやすいですね。

遊びながら学び、そして飼い主同士の交流にもなるのがパピーパーティーです。

子犬のうちから外に出すのは不安という方もいるかもしれませんが、子犬のうちに色々なものに触れておくのは犬にとって、とても大切なことです。

今回はそんなパピーパーティーの内容やパピーパーティーに参加するメリット、そして注意点などを紹介していきます。

パピーパーティーの目的

2頭のシュナウザーの子犬 パピーパーティーの最大の目的は、他の犬との交流です。

他の犬に慣れていないと大きくなってからも警戒して吠えるなどの行動を起こしやすくなります。

ひどくなると散歩ですれ違っただけで、全力で吠えてしまうということもあります。

そうならないためにパピー(子犬)のうちから他の犬に触れさせてあげて、他の犬は怖くない、一緒に遊べる友達なのだということを教えてあげるのがパピーパーティーの目的です。

将来ドッグランなどに行って、他の犬との交流を大事にしたいと思うならば、まずはパピーパーティーで犬の社会がどういうものなのかを覚えさせてあげましょう。

パピーパーティーの内容

2頭のパグの子犬 パピーパーティーでは、ほとんどが子犬同士で遊ばせる時間になります。

まだ1歳にも満たないような子犬ばかりですから、しつけをするというよりは遊ばせて楽しさを覚えてもらうという活動が多いですね。

おもちゃを用意して遊び方を学んだり、他の飼い主からおやつを貰って色々な人に慣れていったりといったことをする場合もあります。

厳しい場所ではなく、あくまでも「遊ぶ場所」であるという印象が強いです。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP