2017年12月10日

【犬の飼い主あるある】人間と犬の共通しぐさ5選1/2

よく犬を飼っていない家庭に犬をつれていくと「犬ってそんなこともするんだ!」と驚かれることありませんか?

愛犬が人間と同じようなしぐさを目の当たりにすると、より一層愛着がわいてくるかと思います。

そんな飼っていると当たり前のことで、飼っていない人から見るとびっくりすることをまとめました。

しぐさ・行動1:寝言を言う

仰向けでベッドに寝る犬 犬も寝言を言います。普段あまり鳴かない犬も、少し甲高い声で「ワンっ、ワンっ」と鳴きます。

夢の中で楽しく走り回っているのでしょうか?

ただ毎回ではなく、ぐっすり寝ているときに限ります。

犬は眠りが浅いので、たくさん散歩した後など疲れ切ったときにはよく寝言をいうことがあります。

しぐさ・行動2:オナラをする

部屋の中でくつろぐ犬 ぷーっと聞こえたかと思うと、なにやら臭いニオイが…そう、犬も「オナラ」をします。

時々音もなく、匂いだけすることもあるので、いわゆる「すかしっぺ」と呼ばれることもします。

慣れない人の前ではしない場合もあるので、もしかしたらオナラをするのは気を許している証拠なのかもしれません。


しぐさ・行動3:くしゃみをする

鼻を向ける犬 ほとんど人間と変わらない音で「くしゅん、くしゅん」とくしゃみもします。

鼻水をまき散らし、鼻からも垂れます。

たばこや除菌アルコールの匂いでくしゃみをしたり、花粉でくしゃみをしたりすることもあるそうです。

犬の嗅覚は人間の1億倍とも言われているので、人間以上にいろいろなものに敏感に反応していそうです。

あまりにもくしゃみが続く場合は、いわゆる風邪かもしれません。

犬も風邪をひくことがあるので、気になる場合はすぐに動物病院で診てもらうようにしましょう。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP